2024年6月19日水曜日

視野検査

 


今日は三か月に一度の眼科検診。


今日は視野検査をした。イラストみたいに視野内に光を捕えたらスイッチを押す。

この作業、案外と苦手の方が多いが、逆に私は得意としている。


クレー射撃競技の高段者は(私は未熟な2段だけど・・)会得している眼の使い方がある。

クレー射撃競技・ことにトラップ競技はどの方向にクレーが飛びだすか分からない。コールした瞬間ランダムにクレーが飛び出す。これを発見して銃を向けて撃つ。直径10㎝ほどのクレーが時速100Kmで飛ぶ。これを補足してその前を撃つ。直接狙って撃てば弾速が遅いので外れとなる。


その対策。スタートはいかに飛び出したクレーを発見するかなのだ。銃を構えてコールする瞬間(コールしたら自動的にクレーが出る)一点にピントを合わせていては発見が遅れる。ピントを外して全周を見る。難しいが慣れるとできる。「鷹の眼」とか「鳥の眼」と仲間うちで言ってた。


鳥が上空から動くものを探して一直線に獲物を捕らえるイメージだ。この眼の使い方ができればクレー競技でワンランクアップできる。


老後の白内障手術後検査でも楽勝なのだ。





2024年6月18日火曜日

ヘビ退治

 


ベランダの鈴ちゃんが天井に向かって盛大に吠える。

母が住んでた家と我が家の間のベランダ屋根にヘビが来ている。透明の波板なのでよく見える。山で蛇に遭遇してもまったく無視するのに、家に来たら吠えるのは自警団を意識しているようだ。

準備しているヘビ用殺ジェットを準備して噴霧できる位置に移動する。10秒くらいだがうまく噴霧できた。

しばらくすると殺ジェットが効いたのか地面に落ちてきた。エアコン室外機の後ろに隠れたが上からさらに噴霧。

15分もするとダメージを受けたのかヨロヨロと出てきた。イノシシ・シカ撲殺用の木刀を取り出して処分した。


我が白敷家には鬼北町在住の頃の言い伝えがあって、近くの川の淵(蛇潜淵という)に住む大蛇が毎日、我が家の味噌を舐めに来ていた。そのお礼に我が家に金品をお返ししてくれてお金持ちだった。

ケチな婆さんがいて、大蛇に味噌を食われるのが嫌で味噌壺に研ぎ澄ました鎌を仕込んで大蛇を殺してしまった。

それが原因で我が白敷家は貧乏になった、というのが我が家に引き継がれる物語なのだ。



「これでもっと貧乏になるなあ」と我が家のバアさんは言う。


しかたないよなあ。



2024年6月17日月曜日

ロッドホルダー取り付け

 


長女から左舷側のロッドホルダーが壊れていると報告があった。使えるとばかり思い込んでいたが、確かに固定ができない。新しいロッドホルダーは準備してあるので交換に行った。

このビス4本を外すのに手こずった。ナットが緩み防止になっているので内側で固定して回す必要がある。結局、一度自宅に戻ってラチェットとNo3のプラスドライバーを準備した。



やっと外れたが、この位置には付かなかった。方向が違った。

サイドレールに取り付けた。これまでの苦労はなんだったんだろう。



昼飯はわが街で人気のインド・パキスタン人が作るカレーにした。これならスプーンで食べることができる。本場のカレーは美味しい。

「ごちそうさま」とお金を払うと、若いおねいさんがたどたどしい日本語で「ありがと・

またあいましょう」と言ってくれる。


「日本一ぶ厚いトンカツ」で大人気のお店は金・土・日の3日間しか営業していないが、珍しく月曜日の今日は臨時営業をしていた。いつもは大混雑の駐車場も空いている。

買おうかと思ったが、ぶ厚いトンカツを薄くスライスして食べるのは意味ないと思ってやめた。


早く大口開けたいなあ。






2024年6月16日日曜日

赤潮発生

 長女が釣りに行くという。それはいいが、もう午前10時を過ぎている。


マリーナに着いた頃には皆さん帰宅の準備をなさっている。それでも沖出ししたがあえなくボーズ。かすりもしない。

帰宅して私は温泉に行くことにした。明浜町の浜湯でしお風呂に入る。これで打撲の手当をする。


浜湯前のビーチではたくさんの人が海水浴をしている。ビキニのおねいさんもいらっしゃる。


波打ち際が赤い。赤潮が発生しているようだ。帰路は海岸線を走って国道56号に出たが、海岸付近は赤いところが多かった。

嫌な季節になってきた。



バアさんが出かけたので晩飯の買い出しに行った。口を大きく開けることができないので、薄いものを準備した。

生ハム。ウナギの蒲焼。

スイカはカットしたものを買った。これをさらにスライスする。

醤油も薄口にするかなあ。






2024年6月15日土曜日

釣り

 


顔に傷口スプレーを付けているのでどこにも行けない。

顎の関節を痛めたらしく口を開けることができない。スプーンでお粥を食べて釣りに行くことにした。


エソしか釣れない。今日のは小型。同じ個体が何度も食うんじゃないかと思うほど。エソは船内に入れない。舷側で針を外して逃がす。それでも釣り道具を壊してくれる。



早めにあきらめて宇和島の釣り道具屋さんに行った。ここは「漁具」店なのでプロの方も多い。

いろいろと仕入れてきた。


昼飯はサンドイッチ。薄くして食べる。


晩飯はセンベイでも食うかなあ。




2024年6月14日金曜日

大転倒

 


そろそろ雨が来る。その前に今日は釣りに行こうと計画していた。

またレピータから発信がある。どうせタヌキだろうとは思うが念のため先に山に行った。やっぱりタヌキが落としていた。味をしめやがったな。


1.5mくらいの段差を降りようとして掴んだ枝が枯れていた。ポキンと折れてバランスをくずして頭から転倒した。しばらく起き上がれない。頭を打った。腕と顎を負傷している。

世間が歪んで見える。ついに頭にきたかぁ。

よく見たらメガネが変形していた。


帰宅して血を拭いていたらバアさんに傷口スプレーを吹き付けられた。こんな格好ではどこにも行けないがね。トホホ....

2024年6月13日木曜日

ヘボ・スプライス

 


持ち帰ったこれまでの係留ロープと同じ長さでスプライスして作った。


肝心のスプライス部分は熱収縮チューブでカバーした。カバーといえばカッコいいが本当はヘボ隠し。

私がスプライスすると、似たようにはなるがどこかイビツになってしまう。ま、これまでこのやり方で抜けたことはないのでこのまま使ってみる。




長男の嫁さんから父の日プレゼントが届いた。

高級お焼酎。うれしいな。

バアさんが「早く呑め」という。珍しい。なんのことはない、この容器が欲しいだけ。

梅ジュースの入れ物に最適らしい。


人気の記事