2020年11月30日月曜日

新製品開発の日々

 新しい製品を開発しようとパーツなどを仕入れて準備中。


ところがいくら頑張っても試作品ができない。微細なハンダ作業が失敗するようだ。一回失敗すると原価で4000円が吹っ飛んでいく。今日だけで4回失敗した。辛いなあ。





落ち込んでいるところに地元駆除班長サマがおいでになって、駆除費をいただいた。

ありがたい。これで元気が出た。

もう少し頑張ろう。



いまやっている作業は最難関のハンダ工程。成功すればメダルが欲しいなあ。






2020年11月28日土曜日

お散歩隊、本日の成果

 


海岸線を走ると大荒れの海から波が来る。犬小屋の鈴ちゃんが溺れるのではないかと心配する。


午前中、ここで鈴ちゃんとブチ君が追い出した大型オスシカに向かって発砲したが外れ。トホホ・・・今年も当たらない。



午後のラウンドでS選手が発砲。見事に小型イノシシの頭を撃ち抜いた。


先週といい、ことしはS選手が大当たり。凄いね。





2020年11月26日木曜日

極小ハンダ作業

 


指先のテープに埋め込んであるのは抵抗。チップ抵抗と呼ぶらしい。2500個で500円。値段が安いのはいいが、見えない。


この見えないものをハンダ付けするのだから、二日酔いや、大型イノシシを引っ張った後では作業ができない。今日の午後、心を落ち着けてリポビタン飲んでチャレンジしてみた。



     ↑ これは先生のハンダ結果。


私がやるとこうなる。 ↓



結果は作業が終わってから顕微鏡モードで見るしかない。なんとか似たようにはできているようだ。日頃から手探りでイロイロな作業をしている成果かな。




2020年11月25日水曜日

ももや丸のエンジン修理

 高速運航をすると水温が上がっていたももや丸の故障原因がやっと分かった、


冷却水ポンプを回すプーリーが変形していた。Vベルトが消耗して高速域では回転不良を起こしていたようだ。


そういえば高速域になるとキューゥーンといった未来的な音が出て、私は前オーナーがこっそりターボチャージャーを取り付けていたんじゃないのかと思っていた。なんのことはない、Vベルトが滑っている音だった。


プーリーを旋盤加工修理するか、新品に交換するかこれから調べることになった。ヤマハブランドなのでパーツはある。復活したらまた37ノットで疾走できる。





身近なコロナ情報

 町内でコロナ患者が出たということで、我が町はパニックになっている。


どうも歯医者さんみたいで、町内の歯医者さんは多数が休業している。


新聞記事はこちら。


バアさんにご近所さんは、


「ご主人をしっかり繋いでおいてくださいよ。よくフラフラ出歩くヒトだから」


と言ってきたそうだ。


オイラは犬か。





2020年11月24日火曜日

計画通り捕獲

 11/14日にセンサーカメラで見つけたイノシシを計画通り捕獲した。


週末は見回りに行けなかったので、今朝いちばんにお出かけした。



計画通り、おかあちゃんがかかっていた。子供より先に歩くもんな。使ったワナはこれ。もう最近はこのワナばかりで獲れる。

2週間に一度程度の頻度でここを通過していた。倒木を避けて歩くのでその直後にワナを仕掛けた。ベテランは足跡を見てワナ設置場所を決めるが、こうしてカメラで目視するのがいちばん確実だ。狩猟の世界もデジタル化する必要がある。


大きい。メスとしては最大クラス。手動ウィンチで軽トラに引き上げて、お仕事開始の前に市役所に持ち込んだ。


連休明けなのでお仕事が混んでいる。Tさんに「もらって下さい」とお願いして引き取っていただいた。ありがたい。






2020年11月23日月曜日

momoちゃん、大活躍

 


momoちゃんは12歳になるので、もう猟場でも余裕のよっちゃん。


昼休みにサトちゃん選手から牛乳1リットルと大量の昼飯をもらったら、そのあとイビキをかいて昼寝をする。みんなびっくり。


それでも山中に入ると、自分で勝手に捜索してワンワンと吠え始める。



ちゃんと私が現場に行くまで吠え続けるから役目は果たしている。



昨日、かなりハードに山を歩いたので今日は亀温泉にお出かけして塩サウナなどに入ってのんびりした。


県内でコロナが大流行となって、ウワサでは我が町内にも感染者が出たのでは?と言われている。そんなわけで今週の呑み会はすべてキャンセルとなった。



2020年11月22日日曜日

大猟

 


お散歩隊、本日は4名で出猟。


地図を見ながらS選手が企画立案した猟場を攻めた。こうして地図を見ながら作戦が立てられるのは凄いと思う。昔なら作戦参謀と呼ばれたのだろうな。


その作戦がずばり的中して、しかもS選手が発砲してシカ.ゲット。いまごろはうまい晩酌やってることだろう。猟の面白さはこうした作戦立案と成果なのだ。




2ラウンド目は我が家のmomoちゃんが大活躍。イノシシをワンワン言いながら追いかけ続けてついにゲット!やったぜぃ!小型だけどシマがないので成獣扱い。賞金は同じだ。



こうして本日のお散歩隊は2頭ゲット。やっぱ、大漁旗は必要だな。ウフフ・・・






2020年11月21日土曜日

エージングテスト中

 


もう4日目になるのにまだ連続発信を続けている。


単三、3本で動いている。動かなくなるまでテストするつもりだけど、終わるのかなあ。


続々とパーツが届いている。ハンダ付けの練習もしないとなあ・・・でもよく見えない。困った。メガネの交換も必要だなあ。



靴が変わったら、やっぱり先週つま先が痛かった。下りがことにひどい。

あまりに痛いので途中、親指をティッシュで包んだらずいぶん楽になった。

帰宅して検索したら、同じ悩みの方が多いようで大量の製品があった。

早速購入したので明日はこれを使ってみよう。

穴が開いているのは、他の用途に使えなようにしているのかなあ。



2020年11月19日木曜日

続々、忘年会

 なんだか年末になって忘年会のお話しがやたらあるようになった。


明日は某おねいさんと寿司屋忘年会。来週、金曜日はご近所忘年会、土曜日はヨットクラブ忘年会だって。


コロナが多発しているのに、こんなに続いて大丈夫なんだろうか。それよりも私の体力が大丈夫なのだろうか。





パーツを注文したら、リールに巻いてテープ状で入荷した。最初の一周分、なんど見ても部品が見えない。途中からやっと黒い粒が見え始めた。これが製品みたいだが・・・

これは抵抗。1KΩ。とんでもない世界に入り込んでしまった。量子コンピュータの世界みたいだ。

これをハンダ付けしろとおっしゃる。無駄な抵抗のような気もするが、呑み代を稼ぐためにはやらねばならない。明日は照明を買いに行く。



2020年11月18日水曜日

長距離通信成功

 


先日、バグのために失敗したLORA通信の再テストを行った。プログラムの修正が完了したのだ。


我が家近所の高台に子機を置いて、親機を持って日本一長い半島に向かった。デッカ高原、権現山など高台に上がらないと無理だろうなと思っていたが、なんのことはないメロディーラインを走行中に受信ブザーとランプが点灯する。びっくりしたなあ。



本当に見通し30Km行く。これが無資格・無免許で使えるのだからすごい!たぶん半島先端まで受信できるだろうが、途中が山影になるので名取上で引き返した。


これからエージングテスト。何日鳴り続けるか、雨中で稼働するかをテストする。三日間連続動作が目標。


新型おねいさんに通信成功を報告した。「愛の遠距離通信成功!」とレポートした。

「バッカじゃネ」と即答返信があった。快挙が共有できない。さみしい・・・




2020年11月15日日曜日

太陽を背にして待つ

 


お散歩隊はロートルのクレー射撃班と、若手のランニングターゲット班から構成されている。


今日は若手班二人がお仕事で参加できない。ロートル三人組でやった。白状すると、このところのお散歩隊の成果はすべてランニングターゲット班によるもので、ロートルクレー班が撃った例はない。


今日こそ、ロートル班でも獲れることを証明しようと、三名で必死で頑張った。


サトちゃん選手とS選手が左右から犬を入れて、私が中央の尾根に登って待つ。もちろん太陽を背にして待つ。


残念なことに我が家のスズちゃんが追い出すので待つ意味がない。尻尾が見えただけ。



最終ラウンド、スズちゃんが大シダの尾根で変な声で吠えた。ところが、私もサトちゃん選手もカラス?かいなと意味不明。二回目の吠え声でやっとスズちゃんと判明。


どうも大シダの中で巨大イノシシに脅されて「ギャー!」と言ったようだ。


私がシダまで行くと元気になって追い回すが逃げられてしまった。残念無念。


やっぱりお散歩隊は、若手選手がいないと獲れないみたいだ。


2020年11月14日土曜日

イノシシ発見

 



狩猟用センサーカメラでイノシシを探している。この場所で2週間目にやっと撮影できた。

でも、2週間で撮影できたのは、このシーンだけ。たまたま通りかかっただけなのかなあ。

詳細に足を置く場所を見てそこにワナを仕掛ける。場所は倒木の直後。倒木は踏まないのでそこを狙う。

2020年11月13日金曜日

イノシシ2頭捕獲

 昨日、イノシシがよく通るスレを見つけて、最新型のワナを3個仕掛けた。改良したこれ。


今朝見回りに行ったら、小型イノシシがかかっていた。フフフ・・・予定通り。



小型なので楽々、トラックに積み込んで次のワナに行ったら、大型がかかっている。ありゃ、これは重いぞ。



ワイヤーは切れる寸前だった。早めに見回りに行ってよかった。


最後のワナには、「どうかかかっていませんように」とお祈りして向かった。よかった、かかってなかった。


トラックは満載になった。やっぱ、大漁旗が必要だな。


2020年11月12日木曜日

林道復旧工事


箱ワナを置いている林道が先の大雨で通れなくなってもう3年。


行き止まりの林道に入るのは嫌で、できればワナの見回りは一筆書きルートで行きたい。


電動ノコを持って復旧作業をした。林道に生えてきた雑木をどんどん切る。チェンソーじゃないと無理かなあと思われる倒木も切ることができる。頼りになるぜ。



あと1本のところで刃が折れた。残念。充電して週末には開通しよう。






木工旋盤売却

 


作業場があまりに混雑して手狭になったので、不要なものを処分することにした。


第一号が木工旋盤。大きくて重くて、しかも我が社の仕事では使えないので処分第一号。

苦労して写真を撮って昨夜ヤフオクにUPした。


ここ。


すぐに結構な値段が付いた。いいぞ、いいぞ。発送準備をしようと梱包作業に入ったが、やたら重くて難儀している。





2020年11月10日火曜日

標識作り

 


駆除や狩猟のワナ用標識作りをやった。

駆除は通年だから、マジックで番号と日付を書き換えるようにしているが、狩猟は期間限定なので少しは作ることにした。

PCでプリントアウトしてラミネートフィルムに挟み込んで熱を加える。これが見やすくて簡単でいいが、不思議なことに数ヶ月で赤い字だけが消える。共和党カラーだから消えるのかな。


見回りに行ったら、くくりワナにでっかいタヌキがかかっていた。

タヌキ親父仲間だから撃ちたくはないが、ワイヤーから外そうにも怒り狂って威嚇してくるのでしかたがない。






2020年11月9日月曜日

改良

 


写真のワナがいまいちばんよく獲れる。

獲れる理由は、ワイヤーをスプリングで締め付けたらアームが下がって、強い力で踏まないと弾かない。タヌキ程度では動作しない。踏み込んだ時に動作するので空ハジキが少ない。


ところが、アームが下がるのでどうしてもアンダーリングから浮いてしまう。ピッタリのサイズだとうまく入らない場合があるので、やむなく大きめのアンダーリングにしていた。


やっと踏み板押さえの適度なサイズの金具を見つけた。なんのことはない、我が社の在庫にあった。これでアンダーリング内径に踏み板をピッタリ加工すれば土が内部に入らないので、長期設置した後でも動作する。


我が社の加工技術は精度が上がっているので写真のようにピッタリと挿入できる。


ここにサガミ・オリジナル0.01mm を使用すると入らないので生で入れることが必要となる。それほどに、我が社は高精度加工ができるのだよ。フフフ・・・


2020年11月8日日曜日

プンプン

 お散歩隊、本日はクレー競技参加やお仕事のメンバーが多くて、私とM氏ふたりが出猟予定だった。


昨夜ネットを見ていたら、超安値の中古ボートが松山で売りに出ていた。ボートは持っているが、おねいちゃんも含めて複数あるほうが乗り物は楽しい。


M氏と相談して、これを買いに行くことにした。マリーナに着いて実艇を見た。内装はボロボロだがエンジンもちゃんと始動するし、装備も問題ない。即決で「買います」と言った。

ところが驚くことに、買うと言ったら「値上げをさせてくれ」と言う。ネットで価格を提示しているのに!大人の言うことかいな。「じゃ、いいですぅ」と言って帰ってきた。


名のあるマリーナなのに、やることが子供じみている。先代もセコいので有名だったが後継者もちゃんと引き継いでいる。


貴重な晴れの日曜日を一日無駄にしてしまった。それが悔しい。返せ!







2020年11月7日土曜日

鯛ラバ組み立て

 


雨の土曜日。オモリに着色したので、針とスカート付けて特製鯛ラバ完成。


念のため重さも量る。101gということは、オモリが100gなんだろうか。


小さなほうは74gだった。市販品と同じ程度になる。鯛ラバは消耗品なのでたくさん作りたいが案外と時間がかかる。やはり市販品を買ったほうがコスパはいいのかもしれない。でも釣りはこうした道具作りも楽しみだもんね。これをアームチェア・フィッシャーマンというそうだ。周囲にはアームチェア・ガンマンもいる。




山を歩くときはトレッキングシューズを履く。トレッキング。ガンマンだ。

お気に入りのモデルが廃盤になってしまった。最軽量で1,2年ごとに買い替えていたのになあ。

しかたがないので、似たような形状のものを探した。200g台(片足)のものがあったので飛びついたが、女性用だった。残念。

325gで手を打った。私の足のサイズは男性にしては小さくて24.5cmしかない。山用は厚手の靴下を考慮して25cmにした。明日はこれを使うので今日一日履いて足を馴らした。山で靴ズレはやりたくない。


足のサイズが小さいから、ナニも小さいというわけではないかもしれないぞ。






2020年11月6日金曜日

ブラックライト

 あいかわらず自家製鯛ラバを作っている。この頃は手が込んできて、表面を硬化させる薬剤を塗ったりしている。ケイムラコートという。



先日、100円ショップでマニキュアをあさっているとき、ネイルハードナーを見つけた。マニキュアの上から塗って硬化させるようだ。もちろん100円。


ケイムラコートと比べるとやたら安い。じゃあ、なぜケイムラコートはこんなに高いのだろう。調べてみたら特殊蛍光塗料なのだそうだ。



水中で蛍光色を出してあやしくお魚を誘うそうだ。ホンマかいな。

蛍光塗料はブラックライトに反応する。さっそく試してみた。本当にあやしく光っている。左の赤い方には100円ハードナーを塗っている。

そもそもお魚に蛍光色は見えるのだろうか。魚釣りの世界はおねいちゃんの膣ほどに奥深い。





2020年11月5日木曜日

バグ

 「見通し」30Kmを無資格・無申請の無線機で通信できれば快挙だ。なんとか見通しで30Km確保できる場所を確保したいと周囲を見渡した。


宇和島とのボーダーエリアに「法花津」峠がある。ここの山頂にはNTTをはじめとする各社の中継局がある。ここからなら佐田岬半島が見える。伊方原発まで30Kmエリアなのだ。ちょうどいい。


子機を木の枝にぶら下げてスタートした。町内は問題なく通信できる。八幡浜市内では不通だ。当然だろう。メロディラインに入っても受信しない。原発上の「きらら館」でも不通。デッカ高原でも聞こえない。


あきらめて町内に戻ったが、なんとここでも受信しない。停波している。なんてこったい。この動作、昨日も発生した。


どうやらブログラムにバグがあるようだ。長時間連続運転するとバグるようだ。修正が必要だ。新製品にはよくあるお話し。リセットすれば再稼働するので、私なら定期的にリセットさせるが、さて共同開発者の東京工業大学大学院卒サマはどう対処なさるか。




2020年11月4日水曜日

新型ワナ用発信機

 

ずいぶん以前から開発に取り組んでいた、長距離ワナ用発信機がやっと完成した。


Lora(ローラ)という少し色っぽいネーミングの新規格でできている。無資格で操作できる。その通信距離は理論値で「見通し30Km」というとんでもない長距離伝搬が可能だ。スペクトラム拡散方式という電波形式の通信方式なのだ。もちろん合法。技術基準適合証明もある。


試作機が到着したので試運転してみた。我が家の庭に発信機を置いて受信機を持って車で移動する。町内国道を大洲方面に走ってみたが、宇和と大洲市を結ぶ鳥坂トンネル手前まで受信した。10Kmほどある。さすがにトンネルを抜けると受信できない。


明日は「見通し」の伝搬実験をしてみる。今日のテストは見通しではない状態だった。実用性は十分だが、p.r用に長距離の実績が欲しい。ホラや誇大広告は嫌なので実際の伝搬状態を記録しようと思う。












2020年11月3日火曜日

祭日だった

 取引先に電話をしたが出ない。ついに倒産したかと思っていたら、文化の日だった。


政府の方針に反対する学者は排除する国のくせに文化の日とはおこがましいにもほどがある。


久しぶりに市場食堂に行ってみた。経営者が替わった当初は店頭対応、味ともにひどいものだったが、ずいぶんと改善されていた。

凄いのはカツオのボリューム。お腹いっぱいになったぜよ。


同じ道を帰るのも芸がないので、山出(やまいだし)温泉に寄ってきた。


ここは犬も温泉に入ることができる。犬は1500円、大人が440円、65歳以上が280円だ。

自販機ではないので受付で1000円札を出したら、560円お釣りをもらった。65歳以下にみてもらったようだ。うれしい。

1500円請求されなかったので犬にも見えなかったようだ。うれしい。


男湯は私ひとりだった。地元のジイさんが来ると熱くするので、ぬるめにしてのんびりした。

ここからは小岩道経由で上槇に抜けた。お散歩隊の猟場だ。下見を兼ねて山道を走った。次の日曜日はここでやろう。



マリーナから電話があった。上架用船台製作を依頼していたが、中古があるとおっしゃる。ありがたい。即決で注文した。新型ねえさんが欲しがっていたブランドバッグが買えるほどの価格差がある。





2020年11月2日月曜日

びっくり仰天

 夕方、箱ワナの餌補充に軽四輪トラック、ジャンボで行った。


林道途中で急にクラッチが重くなった。???一度停めてクラッチの様子を見るが、ギアは入るしエンジンに問題もない。


また枯れ枝を引っ掛けたのかと、バックしようと思ったらバックできない。ギアは入るみたいだが、まったくバックしない。前進は可能だ。この林道は行き止まりになっている。これでは帰宅できない。


明るい場所で停まっていろいろとギアや各スイッチ類を動作してみたが変化がない。電話で相談しようにも圏外なのだ。再出発しようと思ったが、今度は前進もできない。いや、下り坂なのでここまでは勝手に転がって来たことに気がついた。

これでは遭難だ。雨の中、濡れて徒歩で帰るしかないのか。


雨の中、車の下を覗いてみた。エンジン部分に枯れ枝が1本刺さっていた。引き抜いた。クラッチは軽くなって、見事に復活した。よかったぁ。

枯れ枝一本でトラックを完全に動けなくするツボがジャンボにはあるみたいだ。




2020年11月1日日曜日

狩猟解禁初日

 狩猟解禁初日だった。

momoちゃん同行で山に行った。地元の皆さんと出会ったが、クレー仲間だったので山を分けて共猟をした。気持ちのいい初日だった。


すぐにあちこちで獲物を追い出して、銃声がする。

私もシカを見つけたのでドットサイトの電源入れて、トリガー引いてもカチッと音がするだけで発射しなかった。悔しい。装填時に音がしないよう手で押さえたのが失敗原因みたいだ。


地元メンバーはシカ1頭捕獲されていた。我々は「花火みたいに」(地元のメンバー談)発射するもすべて外れ。

「参りました」と頭を下げてきた。


2ラウンド目、超大きなヌタ場を発見するも、momoちゃんはこで水呑むだけで獲物発見に至らず。

午後2時過ぎ、もう全員疲れ果て早めの終了とした。







夕方、昨日一緒に釣りをした親戚のA氏から衝撃の釣果画像が届いた。

1m超え、10Kg超えのハマチを釣ったそうだ。

「参りましたぁ!」





新製品開発の日々

 新しい製品を開発しようとパーツなどを仕入れて準備中。 ところがいくら頑張っても試作品ができない。微細なハンダ作業が失敗するようだ。一回失敗すると原価で4000円が吹っ飛んでいく。今日だけで4回失敗した。辛いなあ。 落ち込んでいるところに地元駆除班長サマがおいでになって、駆除費を...

人気の記事