2020年11月9日月曜日

改良

 


写真のワナがいまいちばんよく獲れる。

獲れる理由は、ワイヤーをスプリングで締め付けたらアームが下がって、強い力で踏まないと弾かない。タヌキ程度では動作しない。踏み込んだ時に動作するので空ハジキが少ない。


ところが、アームが下がるのでどうしてもアンダーリングから浮いてしまう。ピッタリのサイズだとうまく入らない場合があるので、やむなく大きめのアンダーリングにしていた。


やっと踏み板押さえの適度なサイズの金具を見つけた。なんのことはない、我が社の在庫にあった。これでアンダーリング内径に踏み板をピッタリ加工すれば土が内部に入らないので、長期設置した後でも動作する。


我が社の加工技術は精度が上がっているので写真のようにピッタリと挿入できる。


ここにサガミ・オリジナル0.01mm を使用すると入らないので生で入れることが必要となる。それほどに、我が社は高精度加工ができるのだよ。フフフ・・・


0 件のコメント:

新製品開発の日々

 新しい製品を開発しようとパーツなどを仕入れて準備中。 ところがいくら頑張っても試作品ができない。微細なハンダ作業が失敗するようだ。一回失敗すると原価で4000円が吹っ飛んでいく。今日だけで4回失敗した。辛いなあ。 落ち込んでいるところに地元駆除班長サマがおいでになって、駆除費を...

人気の記事