やっと商品化

やっと「暗い時のみ動作モード付き熱センサー式電動トリガー装置」の商品ページを作った。

こちら

いくら製品を作っても、ネットショップではページを作らないことには話しにならない。


でも最近、ページ作りがおっくうでなかなかその気にならないのは年齢のせいだろうか。


ラズパイ仕様のスマシシも、もう何ヶ月も前に製品はできているのにページを作っていない。まあ、これには理由があって、取り付ける純正箱ワナの在庫が尽きかけているので、説明動画を撮ってもすぐに使えなくなる恐れがある。箱ワナは発送が困難で、対策を考えているが良い知恵が出てこない。

美味いものを食おうとスーパーに買い出しに行ってきた。

今晩の晩酌はサワラの西京焼きで呑む。いまオーブンで焼いている。


鶏肉のトマトソース煮込みも作っている。先に玉ねぎと鶏肉をバターでしっかりソテーして、トマトソースでゆっくり煮込む。一度冷やして、晩酌前に再度熱を入れる。


明後日は内視鏡検査なので、自分の好きなものを食べて体力を付けておこうと思う。






昼飯



昼飯は鴨ネギ蕎麦にした。少食なので付いているご飯は少なくしてもらった。

失敗だった。鴨の味がしない。

唯一美味しいのが、フリカケたっぷりのご飯だった。そのご飯はわざわざ減らしてもらっている。

お値段、1300円だったので、鴨ネギは私のことだった。



でもこのレストランのウェイトレスさん、目が覚めるほど可愛かったのでまた行こう。







真夜中のハイボール



土曜の午後は塩サウナに入り浸りで、結構疲れて早めに寝た。

目が覚めたら真夜中だった。日曜日は山に行くので夜中には呑まないが、明日は雨だし久しぶりにハイボールを呑むことにした。

チョコレートをかじりながらのハイボールもいいものだ。



唯一いただいた高級チョコは、愛媛西南部で一番の高級ラウンジ(キャバクラにあらず)のナンバーワン・ホステス嬢からいただいた。

私はこのお店に行ったことないが、なぜかいただいた。理由は知る人ぞ知る。フフフ・・・




失敗なし

小型cdsセルが届いた。

安いものなのに、送料無料ですぐに届く。便利な世の中だなあ。もちろんAmazon。

でも楽天と違うのは、プライム会員として年会費を支払っている。これが送料無料の原資になっている。

三木谷君は、やったら高い販売手数料を出店者からぼったくっているのに、更に送料まで負担させようとしている。セコい男だ。我が社も以前は楽天にも出店していたが、アホらしいのでとっとと退店した。

そんなことはいいとして・・・

センサーに組み込んで、暗いときだけ動作させるのは簡単なんだけど、「動作させない」という選択モードがないと製品にはならない。昨夜、晩酌しながら考えた作戦を今朝は試してみた。

計画通り動いた。拍子抜けだがね。何度も失敗して、あーでもない、こーでもないと悩むんだろうなと思っていたのに。

「私も失敗しないので」と次からは言おう。


防水シリコンが固まったら撮影して出品しよう。






トワイライト対策

熱感知センサーで箱ワナゲートを落とす装置の評判がいい。

昼間、鳥などが入って動作させる対策に、照度センサーを使って暗くならないとトリガーが落ちないオプションも販売している。照度の調整も可能だが、夕暮れになれば動作する程度に調整して出荷している。

ところが、このトワイライトタイムにも鳥が入るようだ。ここで熱を感知したら装置が動作してしまう。一度感知・動作したら、再度スタートスイッチを押さない限り動作はしない。

これを何とかしろ、という依頼がきた。うーん・・・やってみるか。


以前から取り組もうとしていた、熱感知センサーそのものにcdsセルを組み込む作戦だ。面倒な作業なのでこれまで逃げていたが、こうなるとしかたがない。

在庫のcdsセルは大き過ぎるなあ。小さなものを仕入れなきゃあ。また時間がかかる。だから田舎は嫌なんだよなあ。


小さなcdsセル到着まで待つのもなんだから、セル外付けにして回路組んでみた。

ON/OFFスイッチ取り付けて完成。

感度は敏感で、夕方トワイライトタイムになったらすぐに稼働する。これだったら雨の日なら動作するなあ。やっぱり1個、調整用抵抗が必要なんだろうか。

でもこれ以上複雑にすると・・・

うーん、いっぱい呑んで考えよう。








休日出勤

休日なのにお仕事で高知県まで行ってきた。

西条から寒風山トンネルを抜けた。

高知側の最初の道の駅で昼飯。キジラーメンを食った。あっさりして美味し。



早明浦ダムサイドを通過した。巨大なダムだ。下にダンプカーが小さく見えていた。高所恐怖症なので、これ以上は無理。



高速道路を新宮で下りて、「霧の森大福」を購入した。松山でも売っているらしいが、すぐに売り切れる。本場に在庫はあったが、これって要冷蔵で賞味期限がやたら短い。


これで各方面にゴマをする作戦なのだ。









恐るべし、町内放送

昨日、発信機の電源を入れずに放犬したミミちゃんは、結局時間切れで昨日中の回収はあきらめた。

今朝、再度現場に行って捜しながら、地元役所に不明犬の届けを出した。すぐに町内放送をしてくれた。驚くことに20分もしないうちに、地元の方からレポートがあって場所が特定できた。無事回収。よかった。

それにしても町内放送、恐るべし。


旧内海村の皆様に感謝、感激だ。子供たちの挨拶や父兄の礼儀正しさに感激した。次に住むならここだな。来世になるけど。










犬難

今日は女難ならぬ犬難の日。


朝一からS選手の愛犬2頭が行方不明。GPS首輪の電源を入れる前に足元から離れたそうだ。

午後はみんなで犬捜し。我が家の鈴ちゃんも戻ってこない。


鈴ちゃんがいる尾根の真下まで行って急斜面を登る登攀準備をしていたら、付近の子供たちが「おじちゃん、犬探してるでしょ」と言う。

ヘロヘロにバテた犬を保護したと言って、ブチ君を返してくれた。良かった。イノシシと格闘したようでまた怪我をしていた。


子供たちの保護はありがたいが、ロープでくくられた犬は父ちゃんのところに戻ることができない。

その200m上に鈴ちゃんがいる。その獲物を追っているに違いない。相手も怪我をしているはずだ。


残念ながらその後諦めて戻ってきた。幸い鈴ちゃんに怪我はなかった。


イノシシ捕獲

土曜日なのでワナの見回りに行ったら、大型イノシシが掛かっていた。

最初、動かないので死んでいるのかと思って近寄ったら、飛び起きて私のほうに突進してきた。

反射的に撃った。幸いうまく当たった。

いい位置をくくっている。これなら外れることはない。

このイノシシやたら大きくて、道路まではロープをかけてトラックで引いて上げた。

いいところに地元のハンター様が通りかかって加勢していただきトラックに積んだ。ふたりでもヒーヒー言った。


使ったワナはTypeBと呼んでいるタイプ。


よく獲れると好評で、今日だけでも10セットほど注文が来ている。




次のくくりワナも弾いていた。

ワイヤーが伸び切って、シカがもがいた痕があった。シカがワイヤーで獲れると付近の土がピカピカになる。セーム革効果か、いやバックスキン効果かもしれない。

でも獲物がいない。ワイヤー先端をみたら、足の部分が残っていた。自分の足を切って逃げたようだ。3本足のシカを見かけたら、あんたはエライ!と褒めてあげてほしい。







ギアキーパー

もう10年以上も使っていたギアキーパーがついに壊れた。

山を歩くとき、無線機やドッグナビを落とさないようにワイヤーで固定する。分解してみたら、案外と細かくできていた。

新しいものを購入しようとしたが、ネジ式のものがない。すべてベルトクリップ式だ。最近はツナギを着るのでベルトをしない。

なければ作るしかない。分解したギアキーパーからネジ式のピンバッチ部分を切り出して、国産ベルトクリップ式を改造した。

これで来週から安心して山を歩くことができる。


新製品

アメリカのサイトを見ていたら面白い商品があった。

早い話しが大型の袋。ここにエサを入れて木などに固定しておく。

獲物がエサを食べたら、その分だけ重力で出てくる。つまり電源不要の自動給餌器というわけだ。

箱ワナのエサ補給にいいかもしれないし、なにより山中に仕掛けておいて、エサを食いに来るようになったら、その通り道にくくりワナを仕掛ける方法がタヌキ親爺のやることみたいで面白そうだ。

さっそく商品化した。






これで獲物が獲れたら、解体用ハンガーも必要と思って商品化した。


心配性なのだ。




実はもう1点輸入した商品がある。誘引剤だ。

恐ろしいことに、「効果がなかったら返金を100%お約束」と大きく書いてある。(もちろん英語だけど)


こんな商品を販売する気にはならない。返品処理はたいへんな作業なのだ。たいへん自信満々の説明文なので、なんだかもう獲物が獲れたような気になる。明日はさっそく試してみよう。マヨネーズとどっちが効果的かな。



狩猟先進国アメリカには、いろいろな商品がある。これまでは中国からの輸入が多かったけど、これからしばらくはその他の国からにしないとなあ。















白昼堂々クソ狸ども




箱ワナの前にカメラを仕掛けておいた。

実はワナ奥の棒にマヨネーズを塗りつけている。この棒を倒したらゲートが落ちる。

行くたびにマユネーズはきれいさっぱりないが、棒は倒れていない。そこでカメラを仕掛けた。

よほどマユネーズが好きらしい。昼間っから棒にしがみついて舐めている。でも棒は倒さない。賢い奴らだ。本物のタヌキオヤジだ。


次回はケチャップにしてみようかな。





メンテナンス



月曜日はやたら出荷があるが、なにより先に昨日使ったナイフのメンテナンス。

贅沢にもザ・タマツナイフを使わせていただいている。昨日のシカはたっぷりと脂肪があった。熱湯で洗い流して、ガンオイルを塗布した。

シカ1頭程度の解体なら、タマツナイフに切れ味の変化はない。






パイオニアからメモリーカードが送られてきた。なんだろう?

インプレッサ・カーナビの更新データだった。未だにこんなことをやっている。yahooカーナビでもgoogleドライブでもリアルタイムで更新しているのに。




いまカードを入れて更新手続きをやってみた。

なーんと1時間30分もかかるそうだ。なーんてこったい。どうやったらこんなに時間をかけることができるんだろう。こんなのリコール案件だがね。
















お散歩隊、シカを撃つ。



今日も元気に出猟した。いつもの半島を攻めた。


怪我休場明けのブチ君が獲物を追い出してくれた。シカが3頭出た。私が後ろから2発撃った。100m向こうには ランニングターゲット公式選手の M 君がいる 。

こんなところに シカは顔を出しては いけない 。ボルトアクション銃が 2発鳴った。2発目が当たったそうだ。私が撃ったのに驚いて、距離40m先を全力疾走中のシカに2発目で当てるのだからプロは恐ろしい。

でっかいシカが獲れてしまった。


撃った場所が悪い。高い位置の尾根だった。必死で蹴り落として、下からの応援も来てくれてやっと回収。

これで報奨金がもらえるのでもう我々は呑みにいくぜよ!




苦肉


屋外用防犯センサー付き無線装置(長いタイトルだね)が時々売れる。

今日も注文があったので組み立てたが、ケースにどうしても入らない。いつもパーツが変形するくらいギリギリなのだ。

思い切って、電池ケースとリレー回路をボルト・ナットで表蓋に固定した。これならちゃんと収納できる。防水対策ですべてをシリコンで固めた。明日には固まるだろう。表面にナットが出るが、堪忍してもらおう。



津島町の温泉施設にも塩サウナがあると聞いたので、今日はそちらに行った。高速が使えるので楽なのだ。

広くて快適だった。湯がぬるぬるするので温泉効果なのだろうか。露天風呂で、毎日来るというおじちゃんに訊いた。

「ここは半分が温泉で、半分が水道水なんじゃ。ぬるぬるするのは水道の消毒用塩素というウワサがあるぞ。帰りには、かけ湯でしっかり落として帰れよ」

素晴らしいアドバイスだった。


明日も朝一番でこの温泉施設に行く。お散歩隊の集合場所なのだ。






やっと一輪



庭の梅がやっと一輪開花してくれた。

周囲の梅はずっと前に開花していたので、剪定に失敗したのかと心配していた。ひと安心。






畑に植えた「紅まどんな」もなんとか枯れずに頑張っている。

寒波が来たらまずいと思っていたが、今年は温かいのでよかった。井戸水が植物にはいいとボーリングの職人さんが言ってた。水温が高いのがいいのかしれない。






名簿登載

地元署地域課のお巡りさんが来社いただいた。いつもは銃の件でおいでいただくので、もう顔見知り。


でも銃の件だったら来社前に連絡があるはずだが・・


「詐欺グループの名簿に白敷さんのお名前が載っていました」

何のことだろう?

摘発した詐欺グループが使っていた名簿を調べたら、私の個人情報があったのだそうだ。そりゃヤバいなあ。

そこで騙される前に資料を渡しにおいでいただいた次第。ありがたや、ありがたや。


ネットショップを運営しているので、住所だの電話番号は公開している。その程度の情報ならどーってことないが、どこまでの情報が漏れているのだろう。

あのことや、あーんなことが漏れていたらヤバいなあ。



一撃必殺

昨日はエアライフルを持ち出してヒヨドリ撃ちに行った。

このところS選手を中心にヒヨドリ撃ちがアワーブームなのだ。場所はサトちゃん選手のミカン山がいいらしい。ここだけ収穫しないので、周囲の畑から集合してくる。

説明を追加

ヒヨドリの焼き鳥は美味い。私はお隣、明浜町にいい場所を知っている。ここに行ってみた。以前よりはるかに少なくなっている。

5回の発射機会があった。距離30m。恥ずかしいことに、当たったのはたったの1羽。1/5だから打率2割。これじゃ、一軍選手になれない。






先日、私が伊方原発付近を走行している頃、全電源喪失というとんでもない事態を引き起こしていた。あまり全国ネットのマスコミは騒がないが、これは福島事故とまったく同じ状態になったということだ。

幸い非常用発電機が動作して事なきを得た。(非常用ディーゼル発電機は、高圧エアで始動する)


その前には制御棒を間違って引き上げるというミスをしているし、いったい四国電力は原発を運転操作する資格があるのだろうか。








日曜大工

雨の日曜日。

することもないので、ペティナイフを作ることにした。キットを販売しているので以前に買っていたもの。

刃先をテープでカバーして、ハンドル部分をピンを打ち込んで固定。その後、接着剤で固めた。

作業場にあるいろいろな切削工具を使ってハンドル部を加工したが難しい。

多松さんのナイフなどは見事なカーブが出ているが、自分でやったらとても難しい、というかできない。多松さんは神業だなと再認識した。




もうあきらめて角だけ取って、指をかける部分を削って仕上げることにした。銃床用オイルがあったのでこれを使おう。

乾燥を待つ間に、小型まな板の足加工。

我が家のまな板は大き過ぎてバアさんは使わない。かわりに牛乳パックを広げて使いやがる。

地元ヒノキ使用のまな板を買ってきた。イチョウのまな板がいいという意見もあるが、あれは水分が多すぎてカビが内部まで染み込んでしまう。





オイルが乾燥したら刃付け。

そして試運転。

宇和海産の本マグロを入手できた。近大マグロだろう。普通に買えるようになったのがうれしいね。

切れ味抜群!


このペティナイフは紅まどんな用なのだ。贅沢なことに毎日、紅まどんなを食べている。きれいにカットするための専用ナイフが欲しかった。




毎週恒例

土曜日はドッグラン内の犬のウンチを回収する日。

ドッグフードを食っているので、やたら大量のウンチが出る。

以前は、少しずつ水洗トイレのマンホールから流していたが、パイプが詰まってたいへんなことになったので、いまは週イチで回収して植林の肥料にしている。どこかの裁判官が、暴走族に「君たちは犬の糞以下だ。あれは肥料になるが、君たちは糞の役にもたたない」とおっしゃったそうだ。

その後は、身も心も清めるためにいつもの亀温泉に行くのが恒例になった。昼前に着いてまずは昼飯。注文はさつま定食。でも美味しくなかった。お米がいけない。

佐田岬半島に水田はないから(あるかもしれないが、見たことがない)お米に関して無頓着なのかもしれない。




帰路は久しぶりに伊方原発の上を通った。

この道は若い頃、毎日通った。私は30歳まで地元機械商社に勤務して、この伊方原発を担当していた。ここに通うのがお仕事だった。

タービン周辺を担当する部署を二次系と呼んでいた。ボルト・ナットにしても、この付近はISO規格で作られている。原子炉周辺は一次系だ。ここからはインチ規格になる。原子炉本体はブラックボックスで当時の我々には知るよしもなかった。

電力会社のエンジニア諸氏とお付き合いするのは勉強になったし、楽しかった。呑みに行ったり、時には一緒に温泉に行ったりもした。二次系エンジニアのベテランには、ほぼ皆さん体中に火傷の痕があった。高圧スチームは漏れていても目視できないので、点検中に火傷をするのだ。

総務課の中には新聞を読むのがお仕事の人もいた。原発に反対する意見などの投稿を見つけると付近の社員さん経由で説得にかかる。なにせ電力会社の社員数は多い。


地元対策として、優先的に資材を購入してくれたり、工事の発注もあったが、いま考えると僅かな金額だ。

これでもし事故が起きれば、地元は大損害になるのは福島で明らかになった。幸い裁判所でいま稼働を止めてもらっている。このまま永久に止めてくれないかなあ。












週末花金

やっと社員さんたち全員が揃った。よかった。


ボール盤用集塵ホースは失敗だった。固定しておくと、大きなものに穴をあけるとき邪魔になる。かといっていちど集塵の威力を知ると、これなしではいられない。

結局、バイスを取り付けて、ここに挟み込むことにした。次はバイスが邪魔になるかなあ。オッパイで挟むことをパイズリと言うそうだ。これはバイズリ。



社員さんが揃ったので、久しぶりに午後はマヨネーズを持って山に行った。イノシシはやたらマヨネーズが好きなので、スーパーで業務用の特大を買った。箱ワナ用ヌカが不足しているので苦肉の策。


女性陣が制服を購入するために、あれこれ相談されている。当社は来客はないので、どんな服装でもいいと思うのだが、やっぱりカッコが大切だそうだ。なるほどねえ。

意見を求められたので、「超ミニスカートで上はタンクトップ!」と言ったのだが、以後口をきいてもらえなくなった。幸いセクハラでは訴えられていない。


何年か前、実際に夏場、この格好でお仕事をしていた事務員さんがいる。

私は毎日が楽しかった。運送会社の連中も用事もないのによく来ていた。ある日突然に行方不明になった。なんでも旦那も捨てて別のオトコの元に行ったのだそうだ。元気だねえ。















孤立無援

やっとひとりの事務員さんが復帰いただいた。

バアさんはインフルエンザA型と診断された。私は濃厚接触はしないので大丈夫かもしれない。


ひとりでPIC作業をしていると、時々動作不良が起こる。どうしても動かない。ハンダ部分をすべて確認して、配線もみて、それでも動かない。

まさかPICが不良品?と思って引き抜いたら、足が1本曲がっていた。これでは動くはずがない。この間、2時間貴重な時間を無駄にした。

一緒に作業をする仲間がいればこんな簡単なことはすぐ判明するだろうに、ひとりで作業すると思い込みがあって、こんなことになる。





骨付鶏を自作した。

我が家のオーブンにはグリルモードも、お肉をくるくる回すモードもある。
最初は嬉しがってクルクル回していたが、そのあとの掃除が大変なので、最近はオーブンばかりだ。グリルとどこが違うか分からないが、今回は200度で20分焼いた。

少し焦げ目が少ないので、仕上げにフライパンで焼いた。柔らかくて美味しい。










天涯孤独

今日もまだふたりの社員さんたちの子供は熱が下がらない。だからお休み。

午前中、少しだけ出社いただいた美貌のパートさんもお帰りになった。

バアさんも未だ発熱中。

ねいさんはなぜかキンキンに怒ってはるし、もう天涯孤独でお仕事をしている。


まあ、支障なく処理できているので、このままひとりでお仕事したら丸儲けじゃん、なんて時々思ってしまうけど、長期的にはそれは無理だな。




先日剪定をした梅のつぼみがふくらんできた。いよいよ春なんだろうか。

このまま春になったら、軽四トラックとインプレッサで合計8本も冬用タイヤに交換したのに、なーんてこったになる。

またコータに笑われるなあ。



孤軍奮闘

社員さんがおふたりともお休み。

どちらも小さな子供さんが発熱らしい。ママさんだからしかたがない。


子供さんが発熱なら可愛いが、我が家のバアさまも発熱中。薬を買ってこいだの、食い物をあれこれ買って来いと言いやがる。

朝からひとりで頑張った。こんな時に限って忙しい。


午後、美貌のパートさんが出社いただいた。うれしいな。やっと業務完了。



熱センサー装置が動かないと、2台送り返されてきた。この装置、PICで制御しているので壊れる部分がない。おかしいなあ。

1台は時間調整ボリュームが最大になっていた。これでは1回感知したら、5時間ぐらいONになりっぱなしだ。取説に「基本的に動かさない」と書いているのに!

2台めは電池が消耗していた!もう疲れるなあ。



立石峠


お散歩隊は日曜日、愛南町柏まで遠征した。須ノ川公園との間の半島を攻めた。

サトちゃん選手が、30カービン初日に5頭ものシカをここで目撃しながら発射できなかったのを悔しがってリベンジ戦となった。

私は半島の先端から、ひたすら登る。

中間付近に立石峠の碑がある。といっても単に平たい岩が置いてあるだけ。かすかに旧道跡が見える。

調べてみたら、昭和20年ころまでは通学路や生活道路として使用していたそうだ。この真下のトンネルが完成するまでは、この峠を超すのが最短距離だったそうだ。それにしても急坂だ。この道を通学していたのなら体育の授業は不要だ。恐ろしく急坂。


残念なことに、サトちゃん選手のカービン銃が故障した。本当にツイてないねえ。

30カービンは、とても古い銃なのでいつもどこかが故障する。S選手の銃も一度壊れた。私の場合は自分で壊したのだけど。

幸い、名ガンスミスがいらっしゃるのですぐに復旧する。水曜日には直るそうだ。




伊方原発運転差し止め

伊方原発の運転差し止めの仮処分が広島高裁で出た。よかった。
なにせ中央構造線の真横にあるんだから、我々地元住民は毎日ヒヤヒヤなのだ。

拡大すると、断層帯は原発沖にあるそうだが、そんなものこの地図でみたって、中央構造線上にあるみたいなもんだがね。

四国は北部を中央構造線が横切っている。巨大河川、吉野川は中央構造線が作ったようなものだ。石鎚山の麓を横切って、日本一細長い半島、佐田岬半島沿いに九州に向かっている。地図をみれば、中央構造線によって四国が形づくられていることは明白だ。

こんな位置に原発を、さらにおまけにプルサーマルとやらで、プルトニウム入りの燃料を使っている。万にひとつの事故がないとかいってるけど、もうすでに福島でやらかしているんだから、裁判所に言われなくってもそろそろ撤退の時期だと思う。


伊方原発より先端側にある亀温泉で、塩サウナに入って塩サバになりながらこんなことを考えていた。



いてふ伐採

ドッグラン内にある「いてふ」を業者の方が来て伐採していただいた。

お友達などから、切ってやると言っていただいていたが、ご近所で同じような作業中に脚立から落ちて大怪我をされた例があったので、昨年末プロに依頼をしていた。

根本からドスンと倒すのかと思ったら、長い長いハシゴをかけて、小枝をすべて先に切り落として、次に滑車を使って、ひとりで支えられる長さごとに幹を切ってロープで安全に下ろすのだった。万一にも家や付近のものを壊さないためと、このほうが効率的らしい。

あっという間に根本だけ残して作業は終わった。犬たちの給水用ホース置き場になった。

イチョウの木は成長が早いので、この状態でも5年もすれば元の高さくらいまで伸びるそうだ。

梅に加えて、いてふ剪定のお仕事が増えた。


「紅まどんな」の苗を植えたと思ったら、プロみかん農家さまから、たくさんの「紅まどんな」をいただいた。ありがたや、ありがたや。

樹勢が強いので、我が家の苗も、2,3年したら実をつけるそうだ。紅まどんなが巨木になってもいいように畑の真ん中に植えている。







ボール盤用集塵装置


ドリルで穴をあけるだけなのにボール盤はやたらゴミを撒き散らす。

適当なホースがあったので、ボール盤にボルトで縫い付けた。これに集塵機を接続して作業をしてみた。見事に吸ってくれる。お掃除業務から開放された。




Gmailを使っているが、ついに15GB中、12GBまで使ってしまった。残るは20%。まずいなあ。

ネットで調べると、不要メールを削除すればいいらしい。なーるほど。

大半は不要メールだが、すべて削除するわけにはいかない。検索を繰り返して削除した。

次はGoogleドライブ。これは一括削除した。

Googleフォトは一括削除機能がない。でも1枚の写真クリックして、Shiftキー押しながら日時キー位置を変えていくとかなりの枚数を一括削除できる。


これで、9GBまで回復した。しばらくは使えるだろう。









剪定

今年も梅の剪定時期がやってきた。お隣さんは終わった。負けずに私も切った。

陰毛を剃る習慣のエリアがあるそうだ。それと同じで、我がエリアでは梅の木はきちんと剪定することになっている。さもないと「あいつはボーボーだ」と言われる。



昨年、因島のトラ様に教えていただいた「岡恒」製剪定バサミを準備した。

これはよく切れる。さすが国産、因島製だ。



刃物は切れるが、枝はうまく切ることができない。なにせ例年、いい加減な仕事をしているので、無駄な枝がやたらとある。剪定は難しい。


お隣さんの剪定後。ここまで切っても、我が家の木よりたくさんの実がなる。

大量の枝を切った。これを乾燥させて焼却する必要がある。もういっそのこと根本から切ってやろうかなあ。




讃岐うどん

お買い物で石鎚SAまで行った。SA内に巨大なアウトドア用品のお店ができて話題になっている。

ここまで来たのだから、昼飯は讃岐うどんにしようと思った。インプレッサは高速道路を走ることが苦にならない。前車追従で勝手に走ってくれる。そのかわり安定して走る前車を選ばないとスピードが上がったり下がったりして、車酔いしそうになる。

混んでいるお店は美味い店だ。

午後1時なのに満席だった。隣の席のオバさんは、この店の大将のお母さんとお友達と言ってた。うどん県人はフレンドリーだ。


そうしているうちにサトちゃん選手から電話が入った。雨で猟に行けないのでキジ鍋をするからすぐに帰れという。

帰ろうと観音寺市内を走っていたら、あれぇこの骨付き鶏のお店は来たことがあるぞ。お隣のナイトスポットKumiでも呑んだことがあるぞ。

なんと昼間っから骨付鶏屋さんはオープンしている。そうだ、これを持ち帰ろう。

焼き上がるのに30分かかった。

骨付鶏とキジ鍋で盛大にやった。今日は羽ばたいたら飛べるかもしれない。





カツオ

美味いカツオが食べたくなった。

市場食堂は経営者が変わって残念な店になったので行かない。

やっぱり本場、久礼の明神水産やな。国道197線を走って須崎まで行った。ここからは高速道路。たしか道の駅内にあったなあ。途中から国道におりて快調に走っていたら、なーんと窪川の道の駅まで来てしまった。久礼の道の駅を見逃したようだ。ドジやなあ。

窪川のレストランに入ってみたら、カツオたたき定食があった。

このお店のイチオシは地元産の豚肉料理のようだが、高知県なのでカツオも大丈夫だろう。注文した。

見た目はいいのだが、カツオは冷え切っていた。残念。


藁で炙りたてが美味いのに、豚肉専門店でそれを望んでも無理なんだろうな。

窪川からは四万十川沿いに、大正、昭和、半家(はげ)を通って松野町に出た。ぽっぽ温泉が見えたのでひと風呂浴びていま帰宅。


人間至る処,食堂、温泉ありだな。

ミカン農家になろう



ホームセンターに行ったら、なんと紅まどんなの苗を売っていた。

愛媛県以外には出荷しないといってるのにホームセンターで売っていいのだろうか。和歌山県人に買い占められる前に1本買ってきた。

庭の隅っこに植えた。穴を掘って堆肥を入れてから植えるそうだが、このさいとりあえず植えた。堆肥はあとから買ってくる。

何年たったら自家製紅まどんなが食べられるのだろう。