2017年12月17日日曜日

極寒猟場

寒い日だった。

あいかわらず風邪が治らないTさん以外は元気に出猟。

日クレ・ランニングターゲット部会のM氏、K氏も参戦。いいねえ。待ちに付いていただくメンバーとしては国内最強。ついでに少しだけ自慢をすると、勢子として山に入るS選手、サトちゃん選手、そして私と全員が国体クレー競技出場歴がある。これで獲れなくてどーする。

でも獲れない。犬たちは次々と獲物を追い出すが、ことごとく待ちについているメンバーの逆に逃げる。よほど殺意が強いのか。


白いmomoちゃんは雪が降ると同化して見えにくくなる。

目立つことが特長だったのに残念。


かといって鈴ちゃんは小さいのでシダに埋もれて雪をかぶっている。

本日も誰も発砲せず、山は平穏だった。

イノシシやシカにとっては良い日だったんだろう。



お散歩隊の忘年会が正式決定した。来週月曜日、25日。クリスマス会と称して呑み会決定。(S選手の予定がクリアできたので決定)












2017年12月16日土曜日

犬小屋作り

また明日から寒波がやってくるみたいだ。

犬小屋が届いたので昼から組立をした。前回と同じものを購入したが、やっぱり組み立て方をほぼ忘れていた。

取説読んで、前回とまったく同じミスをしながらやっと組み立てた。それでも所要時間2時間ほどで完成したので、少しは上達したのかもしれない。

大型のくせに薄い鉄板でできている。ペロンペロンなのでひとりで作業するにはコツがいる。

「お手伝いしましょうか」と鈴ちゃんやQちゃんがやってくる。もう邪魔せんといてよ。


北風が吹き始めた午後2時ころにやっと完成。

真ん中の小さな犬小屋を鈴ちゃん用にする気だったが、さっさとQちゃんが入り込んでしまった。寒い時は小さなほうが暖かいのかもしれない。

しばらく様子をみてアンカーを打とう。
今回もビス類が余った。


この犬小屋、なぜか床板が本体から独立している。床板に柱を建てて組み上げると簡単なのだが、床板の上に箱を置く構造となっている。だから組み立てが難しい。いまならもう1基を30分で組む自信があるが、予算不足だね。床板の下には発泡の断熱材を入れようと思う。

この大型犬小屋2基の間を波板で繋いで屋根にする作戦。これで冬場の雪を完全にしのぐことができる。なにせここは車庫の中だ。北風はブロック塀が防いでくれる。




犬小屋組み立てが終わったら地元のヤマダ電気にお出かけ。ずいぶん前から購入予定だったダイソンコードレス掃除機を仕入れた。



充電器を置く場所がなかったので棚に固定した。

これで年末のお掃除ができる。

犬小屋の倍ほども高価だけど、やっぱり強力で便利だ。

問題は冬休みになって孫たちが帰省したときだ。下の孫がいまいちばん欲しがっているのが、「ダイソンの掃除機ぃ」なのだ。

「おじいちゃん、ちょうだい」と言われたとき、断りきれるのだろうか・・・






2017年12月15日金曜日

モバイル対応

google から届いた、最新の我が社ネットショップ閲覧者情報をみてぶったまげた。


これが現在のデバイスタイプ別グラフ。


驚くことに大半がモバイル、タブレットで、いまやパソコンからアクセスなさる方は23%に過ぎない。

少し前まで半分程度かなあ、と思っていたが時代は急速に変わる。


ヤフオクやAmazonなどはすでにサイトがモバイル対応になっているが、いちばん古くから運営している、このサイトだけがモバイル対応化が遅れていた。

昨日と今日、あれこれ悩みながらなんとか改修を終えた。スマホでなら、ちゃんと見えるようになったが、PCで見ると未だ改修の余地ありだ。すぐに完璧は無理だ。ゆっくり手直ししよう。

もうすこし若い頃だったら徹夜しても完成していたが、この歳になると急いでもしかたがないことが分かっている。でも急がないと先がさほど長くないことも現実だね。

こんな時代の若者たちが企業に入社していま問題になっていることが、「若者がパソコンを使えない」ということらしい。

すべてスマホで処理できてきたので、パソコンを使う必要がなかった世代が社会人化しているのがいまだそうだ。時代をしっかり認識する必要がある。



昨夜は三番町界隈で呑んだくれた。

いつも最後に行く某老舗ショットバーではカウンターに座っただけでSalty Dogを作って下さる。ありがたい。つい3杯も呑む私が悪い。今朝も二日酔いだった。

















2017年12月13日水曜日

同棲時代

ドッグランを廃止して、犬小屋で飼うことにした。

各自に犬小屋を準備しているが、鈴ちゃんはQちゃんの小屋に入り込んで、2頭で仲良く同棲している。この頃、寒いので2頭がくっついて寝ると暖かいのだろう。

証拠の写真を撮ろうとソッと近づくが敏感な鈴ちゃんはすぐに外に出て嬉しがる。

momoちゃんは単騎決戦タイプなので、ひとりで小さめの犬小屋に毛布を敷き詰めてのんびりと寝ている。


家人や長女は「Qちゃんと一緒に寝るのはまずいんじゃないの」という。事務員さんまで同じことを言う。

「アンタたちと違うんだから大丈夫。年に2回の発情期になったらどちらかをドックラン内に隔離するんだから」

アンタたちと違う、というところを強調してやる。


みんな、長く犬を飼っているのに、犬たちも自分たちと同じようにいつでもSEXすると思っているようだ。人間以外の動物はメスが発情していない限り性行動をしない。



あわら市という、あまり知らなかった市の市長さんが既婚女性に市長室でキスをしてバッシングを受けている。朝飯食ってる時のTV番組で観た。

でも何年も前のことなのに、示談金5,000万円も請求されたそうだ。これって脅迫だよね。被害者は市長さんじゃん。

「市長室でキスするのがよくない」なんてコメンテーターはわめいているけど、市長は犬じゃないんだから相手が発情しているフリしたらその気になるのが男だろうが。

私などは日頃から「目の前で動いたら飛びつく」と公言している。それが正常なオトコだがね。だから市長頑張れ!


あわら市で
あらわになって
あわわわわ



今日、伊方原発が裁判所からスットップ命令を受けた。

我らがK弁護士の勝利だ!万歳!ついにやった。

でも発電はしていなくても燃料はそこにある。危険は去ったわけではない。









2017年12月12日火曜日

寒い

さ、寒い。

起きたら車の上は写真のような状態だった。

スタッドレスタイヤはまだ取り付けられない。大丈夫かなあ。

一日中、ずっと寒くて薄着の私は事務所から出たくなかった。

こんな日に限ってお出かけの仕事がある。舗装工事現場に行った。あのお仕事、冬場はいいかもしれない。舗装材料はホカホカだもんね。

2017年12月11日月曜日

ネット販売と実店鋪販売

我が社はネット販売専業なのだ。近くに住んでいる、などの理由で会社まで来て商品を受け取りたいという希望の方があるが基本的にお断りしている。事務所は個人情報であふれかえっているし、対応する時間もない。

なにせネット販売の価格は安いので、直接購入したいとおっしゃる方は多い。


ところが、断れない場合がある。友人、知人の紹介などで、ぜひにと言われると、むげに断れない。

先日も、ドッグナビを購入したいとおっしゃるハンターが猟仲間の紹介でおいでいただいた。忙しい月曜日だったが、仲間の紹介ならしかたがない。

商品の取扱説明をして、犬の名前を登録するところまで約1時間。ところが音声が連続出力できないことが判明してお悩みになること1時間。堪忍してよぉ。当社側から販売をお断りした。2時間あったら、数十件の出荷作業ができまっせ。

ワナ用発信機を購入にいらした、お隣町の猟友会会員さんは実機のテストをしたいとおっしゃった。どこまで受信できるか試してみたいとのこと。お好きにどうぞ、と受信機をお渡しして車で移動していただいた。飛距離は問題ないが、連続発信テストをしたいとおっしゃる。あのぉ、3日ほど連続発信するんですがぁ。・・・お引き取りいただいた。

先日来から、お名前をおっしゃらない方からドッグナビの見積り依頼がある。見積書を作成した。

今日は台数の変更があるので、さらに見積書を作成しろとおっしゃる。宛先は「上様」

江戸時代か。

あげく、「あんたの会社のネットショップで販売している価格より高いのはなぜだ!」とお電話があった。

ネットショップ価格が安いのは、こんな手間ひまが省けるからだがね。何度も何度も見積書作らせて、その人件費・経費をどうしてくれるの。さっさとネットショップで注文して決済すれば商品はすぐに発送するよ、と返答した。注文はまだない。たぶんもうない。



こんなことがあまりに続くのでついに我が社は、来年から店頭販売を完全廃止する。お隣町であろうと、親戚の知り合いであろうとお断りする。ネットショップ価格を店頭で維持するのは無理だ。




2017年12月10日日曜日

今日も出猟

Tさんが風邪でダウンした。

残るメンバーは元気に今日も出猟した。S選手などは昨夜、松山市内で忘年会だったのに、早朝起床して戻ってきた。ヤル気満々でんなあ。

写真はM氏サイトから拝借



先週、シカを撃った公式ランニングターゲットのM選手は新銃を持ち込んできた。

これって米軍・海兵隊仕様の凶器じゃん。

ベネリーM4。


ヤバイよ、ヤバイよ。



お散歩隊は兵器展示場になってきたなあ。S選手の30カービン、オイラのレミントンM70と危ないチームになりつつある。


本日は誰も発砲せず、静かで平和な日だった。




2017年12月8日金曜日

音声録音再生ボード

まだ録音再生ボードで遊んでいる。

電波に乗せたときのノイズを除去する試みをずいぶんとやった。

実は簡単に考えていた。PCのUSB回路から5Vを入力していたので電源ノイズとばかり思っていた。バッテリーからだったら解消すると思っていたが、大間違いだった。

フェライトコアだのトロイダルコア、マイクロインダクタ等、ノイズ対策に効果があると言われるものをすべて購入して試してみた。




やっと1種類だけノイズをほぼなくす方式に成功した。可変抵抗を使った。うれしくなって回路に組み込んだら、無線機がダウンする。回路がショートしているとみなすようだ。全部のマイナス側を共通にしてやると動くが、この場合ノイズは止まらない。

これは電子回路の初歩、電位差によるものと思うが、対策を考えると熱が出そうになる。なにせ相手は回路図なしの中華製パーツだ。おまけにこちらは基礎知識がない文化系社会学部中退だ。なんで工業高校行かなかったんだろう。(高専受験して失敗したのが人生の間違いだね)


こうなったらICにダイレクト録音してみよう。ノイズより大きい音声を入れておけばいい。

録音用の足を引き出してICクリップで挟み込んで強引に録音した。掟破りでもなんでもやるのだ。

録音できたが、これだったらマイクを取り外したところにライン入力端子を取り付けたほうがきれいに録音できることが判明した。

まだまだ先は長いなあ。



「簡単だったら誰でも作ってしまうし、難しいところが面白いんでしょう。頑張りましょうょ」

やっぱり美人社員さんは言うことが違う。頑張る。








2017年12月7日木曜日

タイヤ交換

わが街は高原にある。降雪エリアなのだ。

スタッドレスタイヤは必須。軽四トラックなどは一年中、スタッドレス。(交換が面倒なだけ)


S選手の工場に旧型インプレッサのホイールがあった。タイヤも付いていたが、嫌いな国製だったので、タイヤだけは新品にした。

今日は午後から交換作業。

ホイールに組み込んであるので、交換は簡単な作業・・・のハズだったのだが・・・


簡単に取り付けして帰ろうとしたら、左後輪から少し異音が出る。新品タイヤだからかなあ。

信号でブレーキを踏んだとたんにガリガリと明らかな異音。Uターンしてチェックした。


後輪左側だけブレーキ装置がホイール内面に接触していた。不思議なことに右側は触れていない。前輪は数ミリの隙間がある。とはいえギリギリなので大事を取ってこのホイールは使わないことにした。残念、安くあがる予定だったのに。電動パーキングブレーキシステムなどがあるので大型化したのかなあ。


結局、ホイールも新品にすることになった。最初から全部新品にしておけばよかった。



2017年12月6日水曜日

事故

昼メシを食った帰路、たくさんのパトカーやレスキュー車が集まっていた。

事故だ。車が横転している。もう1台は田んぼに転落していた。

横転した車両内からドライバーを助け出そうとレスキュー隊が活躍していた。


ここはわが町の田んぼのど真ん中。農免道路が交差している。

平面の田んぼの中なので交差する道路が見えにくい。よくこんな衝突事故が起こる。お互いが見えていない状態で直進するので、ぶつかったときの衝撃が大きくなる。



昨夜は実に面白い夢をみた。

夢のなかで、私は小さな町工場を経営していた。たくさんの工作機器が動いている。

20人ほどの男性社員に厳しい言葉で注意をしている。彼らは仕事のやり方が分かっていないようだ。機械を使いこなせない。

社員代表と称するものが私のところにやってきて、「そんなに厳しいことを言うのなら全員辞めさせていただきますが、それでもいいのか」と言う。人手不足につけ込んでいる。

「あの巡業部長のもとでは巡業できない」と言ったデブに似ている代表だった。

「辞めたければやめろ。すぐに出て行け!」

私は全員を追い出した。

社員が誰もいなくなったことを確かめてから、黙々と金属を削り続けている旋盤に向かって、「やっとバカどもはいなくなったぞ」と言った。旋盤は切削速度を上げ下げする周波数コントロールで音声を出した。「ヨカッタネ」

その向こうではNCフライス盤がエンドミルを振り上げてバンザイをしている。

この工場はディープラーニングによるAI化に成功して、マシンだけで操業できるようになったのだ。人件費ばかり食う社員が邪魔だった。今日はその追放に成功した。

この工場には人間型ロボットもいる。すべて女性型だ。



この夢はこれからが本格的になるのだが、これ以上書くと、お前の脳ミソは大丈夫かと疑われそうなので、夢の公開はここまでにする。









2017年12月5日火曜日

初雪

急に寒くなってきた。

朝から霙が降っている。


今日は歯医者に行く日。寒くても泣きながら行くのだ。




わが町中央にそびえる烏殿(カラスデン)も白くなっている。


歯医者治療の後はずっと作業台の前で昨日の音声モジュールと格闘していた。


相変わらず音質が悪い。こんな時は問題点を切り分ける。

まず、音声合成ソフトのテストをした。大企業のサンプルでも、フリーソフトの音声データでもさほどの差はないことが分かった。それなら著作権フリーのタダソフトを使うぜ。

単にスピーカーを鳴らすだけならいい音が出ることが分かった。

ところが音声データを無線送信すると雑音が出る。ザー音が消えない。このザー音の原因を捜すのが明日からのテーマ。

こうやって、問題点を切り分けていくのが問題対策協議会(誰が作った?)のやり方だ。








2017年12月4日月曜日

音声再生回路テスト中

我が社が製造・販売しているワナ用発信機は、簡単で安いので大好評なのだが、唯一、メロディを鳴らすだけなのが不評だ。

メロディICは5種類ほどしかなく、仕掛けたワナの位置を発信機で特定するためにはメロディーをメモしている必要がある。

録音ICを使えば数字だの名称を利用できるが、問題は価格だった。数千円したのでは9,800円の製品には使えない。

中華製録音再生回路が思いっきり安く販売されていた。ダメ元で輸入してみた。

この回路だけが届く。説明書など一切ない。

スピーカーは半田付けするらしい。(私は使わないけど)

コンデンサーマイクが付いているがこれも不要だ。外した。代わりにライン入力回路を加えた。

こんなモジュールにはお約束の用語が印刷されているので説明書は不要なのだ。VCCに+5Vを入れてGNDが-。ジャンパー先を変更することで動きが変わる。これはやってみれば分かる。今回はループ再生を選択してみた。P-Eをジャンパーする。





音声合成ソフトで女性の声をICに録音した。

さっそく組んでみた。1台で送信して、もう1台で受信している。やっぱり音質が悪いなあ。

明日からはこの音質改善が当面のテーマになる。


2017年12月3日日曜日

お散歩隊、シカを撃つ

本日のお散歩隊は4名が出猟。

サトちゃん選手は地元射撃場の忘年大会に参加した。結果はどうだったのかなあ。


我が家からはmomoちゃんと鈴ちゃんが参加。

山に入るとすぐに高鼻を使って獲物を探す。

1ラウンド目はS選手のブチ君がシダに向かって吠えた。シダの中にイノシシがいるがどうにも出てこない。

こんなときは30分でも1時間でも待って、怒り狂ったイノシシが犬に向かってシダから飛び出すのを待つのが鉄則だ。

でも短気なS選手はシダに向かって石を放り投げた。たまらずイノシシは逃げ出した。そこを撃ったが、石を投げてから銃を構えるまでの時間は結構長い。外れてしまった。



2ラウンド目は広いエリアに分散して犬を入れた。遠いのでお互いの無線通信さえ確保できない。

私はとりあえず必死でピークを目指す。高い位置さえ確保できれば無線通信もドッグナビの中継データも送ることができる。


ピークに上がるのはいいが、問題は下るときだ。たくさんの尾根がここに集結してる。1本間違えると、とんでもない場所に下りてしまう。



皆が下っていたとき、S選手のブチ君がシカを追い出した。

谷を越そうとしたとき、ランニングターゲット公式選手のM氏に見つかってしまったのがこのシカの悲劇だ。

全力疾走をしているのに初弾で後ろ足を折られてしまい、2発目が後頭部に被弾した。


S選手はハカリを購入していた。獲物を正確に計量するそうだ。

大きいと思った今日のシカは32Kgしかなかった。日本シカはこんなものかもしれない。







2017年12月2日土曜日

大脱走

朝、食事をして2Fの私の部屋で外を見ながら着替えていると、向かいの農道を凄いスピードで駆けている犬がいた。

2頭が並んで走っている。いい体型の、間違いもなく猟犬だ。ストライド走法で野生のチータみたいに背骨の屈折で走っている。

ご近所にセミプロハンター(凄腕なので勝手にそう呼んでいる)がいて、時々犬たちが脱走する。連絡をする必要がある、と思っていたら、その後ろを白い犬が続いた。あれれ、momoちゃんだがね。

ということは前の2頭はQちゃんと鈴ちゃんだ。脱走しやがった。


ドッグランのゲートをみると、ラッチを上げて開いている。ラッチはゴムベルトで固定していたが経年劣化でテンションが落ちたようだ。その隙間をかいくぐるのは鈴ちゃんしかいない。なんて犬だ。

ヒゲも剃らずに軽四トラックに乗り込む。エンジンをかけるとmomoちゃんがすぐに戻ってきた。momoちゃんはノーリードで飼ってもいいくらいの、おうち好き犬なのだ。


Qちゃんはメス犬好き犬なので、放れたらご近所のメス犬のところに行く。

行ってみたが今日は来ていないという。ミカンの温室栽培施設まで行くと2頭がウロウロ
していた。すぐに回収。ミカンが食いたかったのだろうか。



ちょうどいい機会なので、このさいドッグラン施設を廃止して、3頭を犬小屋で飼うことにした。アンカーを打った犬小屋の横にこれまで使っていた犬小屋を並べた。その周囲のコンクリートにリードがからまない距離でアンカーを打った。設備投資した振動ドリルが活躍した。


鈴ちゃんはこれまで一度も犬小屋で生活したことがない。うまく適応できるか心配だがリードの範囲内に1個しか犬小屋がなければ納得するだろう。








2017年12月1日金曜日

撮影特訓中

綺麗な写真を撮影するために午後はデジイチを引っ張り出してきて練習をしてみた。練習とはいえ、すぐに使う必要がある写真だった。

使い方をすっかり忘れてしまって、結局オートモードで撮って間に合わせた。


撮影結果がこれ。








夕方になって少し時間が取れたのでマニュアル撮影の練習。モデルはドッグナビ。

Amazonに出品するためには背景を真っ白にする必要がある。




ピントは手動。使い古したモデルなので色はこんなものか。でもこれは修正しているので失敗。いい写真は影がでる必要があるそうだ。

こんな派手なモノはいいが、白っぽいものはどうにもならない。

もう少し綺麗に写らないものだろうか。ネットで検索していたら、白い背景で白い物体を撮影する方法はAmazonの特許らしい。

真似したら、特許侵害で「金だせぇ」という作戦なんだろうか。




Amazonで販売している人は知ってることなのだが、この出品写真に対する規制はやたら厳しい。何度か注意されて修正できなかったらアウト!出品停止になる。

するといくら訂正しても停止解除にならない。メールを送っても同じ文面が戻ってくる。相手はロボットなのだ。しかたがないので新しいアカウントを作ろうとしても、同じパソコンも、同じIPアドレスも、もちろんカード名義まで監視していて拒否する。

そんな個人情報、与えたことないぞと思うが見事なほど収集している。


同じような仕打ちはPaypalでも起こる。カードによる決済システムであるPaypalは販売業者としてネット販売に導入することは魅力的だ。




でも一度でも消費者から異議申し立て(PaypalではCaseという)があればたいへんなことになる。

問答無用で口座が凍結される。残金がなければカードで差し引かれる。

それでもって消費者側のクレームが販売者の責任でないことが証明されるまで凍結が続く。

販売者側からすればとんでもないシステムなのだ。


昨日はこんな案件で出張していた。実態を説明したら、

「ホントに口座差し押さえなんて無茶なことするの?それって私の仕事だよね」

おっしゃったのは現職裁判官。


実際、いまの欧米系ネット業社は、契約に名を借りてやりたい放題だ。


消費者保護はむろん大切だが、出店者だって保護されるべきだと思う。





2017年11月29日水曜日

入山許可


ことしも国有林への入山許可を申請した。お散歩隊は案外と律儀なので、このあたりの手続きはちゃんとやる。

毎度のことながら森林管理局のみなさまは優しい。親切、丁寧、公務員のカガミだ。

他の役所もここに弟子入りすればいいのに。


ことしからはメール、FAXでも申請が可能となった。

メールアドレスをサイトで捜したが見当たらなかった。お電話で問い合わせたら、美人女性公務員さま(声で分かる)も分からない。

「FAXにしましょうよ」

了解。先週末に申請したのにもう届いた。さあこれで国有林に入れるぞ。



お仕事でマイクロUSBケーブルを自作しようと思った。

スマホを充電するアレだ。

ちゃんとパーツとして売っている。1個200円。

電子工作をやっていると、ICだのコンデンサーだの可変抵抗だのと順番にハンダ付けしていく。その先端にマイクロUSBがあると普通にパーツとして準備してしまうのだ。

ところがどうにもパーツに打ってある番号が見えない。これではコネクターの配線先が分からない。無理だ・・・


100円ショップに行って購入してきた。完成品が100円。トホホ・・・



100円ショップで買った充電用マイクロUSBコードの中央をカットして配線を出す。これを回路に繋げばいい。簡単な作業だ。

配線は白と黒の2本だった。一般的に黒がマイナスだから、白はプラス・・・待てよぉ。この製品は中華製だ。先日使った中華製回路は白をマイナスとして使っていたので驚いた。黒はデータ配線だった。

念のために極性チェックしたら、なんと白がマイナスで黒がプラスだった。あり得ない配線だが現実はこうなっている。

中華思想はこうして世界に浸透する。黒がマイナス(GND)なんて日本の常識はもはや通用しない。



明日は目が覚めたらすぐ起き出して出張だ。行き先は神戸。


いつもならゆっくりお泊りなのだが、このところの多忙さでは日帰りやむ無し。

ふう、しんどいなあ。











2017年11月28日火曜日

何度でも、何度でも

朝から定期検診。

採血して、診察の前に血圧測定。これは自分で計測して、プリントアウトしたものを提出する。


1回目。血圧169mmHG。高いなあ。

しばらく待機して2回め。163mmHG,下がりつつある。

3回目、148-106mmHG、これくらいにしといたるかぁ。


こうしていつも計測している。頭の中にはドリカムの唄が聴こえている。「何度でも♪ 何度でも♫」


内科の前には2台の血圧計があるが、左側のほうが低い数値が出ることが多い。

こうして低い数値が出るまで繰り返すのは、診察待ち時間が長いので退屈なせいもあるが、うっかり高い数値のペーパーを出して高血圧対策の薬など処方されることになったらたいへんだから。

1年前に入院したが、その前はずっと数種類の血圧の薬を服用して、毎日血圧データを数年間も記録した。入院原因は胆石だから高血圧は関係なし。

退院後は痛風対策薬のみを、1日1錠で健康な日を過ごしている。悪化させられてたまるか。





夕方、S選手の工場に行った。そろそろ雪の季節なのでスタッドレスタイヤをホイルごと準備するためにサイズを見てもらう。



「チャボが死んだ」

S選手は悲しそうに言う。えぇー、なんで? 元気だったのに。そういえば日曜日、チャボ君は来ていなかった。

このところ食欲がなくて、時々吐いていたそうだ。今朝みたら死んでいたと言う。

「チャボ」という独創的な名前はS選手の孫たちが付けた。近所のミカン農家で飼われていたがお隣の飼い犬とケンカをして破門になってS選手のところに転がり込んできたのだ。でも小学生だった孫たちとよく遊んでいた。

片方の耳をイノシシにかじられて、ハンサムとは言えない犬だったが、猟の間はいつも私のそばに来て、「おっちゃん、momoをヨメにくれ」と言ってた陽気な犬だった。



S選手は、悪いものを食ったというが、以前から治療していたフィラリアが原因じゃないのかなあ。猟仲間が逝くのはさみしいものだ。









2017年11月27日月曜日

バッテリー保護装置

バッテリーの電圧が一定値より下がると自動停止する装置を作った。

何個もバッテリーを壊した結果なのだ。過放電すると簡単に鉛バッテリーは壊れることを思い知った。

10.5V程度まで電圧が低下すると自動カットする設定にしていた。ところが、S選手に言わせると、10.5Vなんてのはとんでもない低電圧で、自動車だったらほとんどの電気装置が動作をしなくなると言う。せめて11Vにしろとおっしゃる。

プロの教えはちゃんと聞かないとひどい目にあうことはコンクリートアンカーの件で身に沁みた。

そこで設定変更して、小さなバッテリーを使って動作テストをすることにした。負荷をかける装置が必要だ。手元にあったバーベキュー丸焼き装置を動作させてみた。





こんな小さなバッテリーなのにいつまでたっても電圧が落ちない。動作テストにならない。

もう連続二日間!も回り続けている。


二日間連続でバーベキューすることはなかろうから、この小さなバッテリーを持参すればいいということだけは証明できた。





2017年11月26日日曜日

朝から雨。小雨なのでお散歩決行。集合場所では、誰の日頃の行いが悪いので雨になるのかと醜い争い。M氏かサトちゃん選手のふたりに意見は集約されるようだ。私は無実だ。


本日は4名出猟。我が家からの犬はQちゃんと鈴ちゃん。Qちゃんは歯がないのでイノシシに遭うと危険なのだが、鈴ちゃんの教育係として登場。

momoちゃんは鈴ちゃんと相性が悪い、というか嫌いなので教育にならない。人間も同じだがメス同士は仲が悪い。


1ラウンド目、うまく2頭がシカを追い出してくれた。目視できたが遠くて撃てない。鈴ちゃんもやっと声を出して追うようになった。さすがQ先生。


ところが老齢になっても相変わらずしつこいQ先生、延々とシカを追い続ける。しかたがないので、そのまま追っている山に他のメンバーも入って2ラウンド目をローリングスタート。



今日からドッグナビ使用のM氏の真正面でうまく追い出した。いいぞ!


銃声を待つが、川の手前で犬たちの動きが止まった。あれれ、ドッグナビで音声を聞くと噛み止めている。獲物の悲鳴が聞こえる。

どうやら鈴ちゃんが噛んでいる。Qちゃんは歯がないもんね。


いちばん近いM氏に現場まで行ってもらう。私も尾根から下っていく。M氏のほうが早く現場に着いた。ドッグナビ初日なのに使いこなしているのはさすが。

「ハクビシンでしたぁ・・・」

力が抜ける。私も急斜面を下ってやっと現場到着。

二人で山を下りていたとき、M氏が大滑落。雨の急斜面は危ない。大衝撃だったのでスコープの再調整が必要だが、これは射撃場でやるしかない。本人の尾骶骨修復も必要みたいだ。



結局、雨がひどくなって午後2時に終了。みーんな各自温泉に行って体調回復。

私は「はま湯」でさっきまで寝ていた。





2017年11月25日土曜日

設備投資



先日からやろうと思っていた犬小屋のアンカー打ちをお休みの今日やることにした。

犬小屋が大型なので風が強いと動いてしまう。組立の取説に「先に必ずアンカーで固定すること」と書いてあるのを無視したのがいけなかった。

今年4月に設置した犬小屋だが、うまく使えていない


S選手とアンカー打ちのことを相談したとき、振動ドリルでないとコンクリートに穴をあけることはできない、と教えられていたが、なーに6.4mm程度の穴なら充電ドリルであくと思っていた。

昨夜からバッテリーを3個も充電して準備完了。

体重を乗せてガリガリやるがあかない。5mmほど凹んだだけで1個目のバッテリーがアウト。

2個めのバッテリーに取り替えたが、こんどは私が体力的にアウト。このままでは絶対に4個の穴は無理と悟った。

ホームセンターにお出かけして振動ドリルを購入。

上から抑えると振動が出る。吸い込まれるようにドリル刃がコンクリートに入っていく。

さっきまでの苦労はなんだったんだろう。


やっぱり専用工具は凄い。




ドッグランにしたからといって犬たちは自主的に運動するわけではないことが判明した。


そんなことなら、専用犬小屋を作ってやって自分で好きな環境にするほうが犬のためにいいように思う。







2017年11月24日金曜日

充電中

先週、バッテリー切れでひどい目に遭ったので、今週はもう今日から充電中。

充電器を並べるのが面倒なので1日、1台ずつ充電をする。

無線機も充電中。


昔は無線機の乾電池だけ持参して猟をしていたのに、いつの間にかやたら装備品が増えてしまった。

こうなったのは高性能電池であるリチウムイオン二次電池が普及してDC電気製品がすべて5Vで動作するようになったせいと思う。乾電池は1.5V程度が起電力だが、リチウムイオン電池は4V近い。3倍近くも高性能なのだ。スマホが5V駆動なのはこのせい。しかも小型化している。

「最近の無線機やドッグナビは乾電池で使えない」とおっしゃる猟師さんが多い。でも1/3パワーで高性能は望めない。こんな理由なのだが分かってもらえないよねえ。



漁師さんの世界は電子化が進んでいるが、あちらは船の装備品になる。

猟師の世界は、人間と犬の体力だけが頼りなので負担が大きくなる。犬も重い首輪を付けられてたいへんなんだが、とうちゃんも無線機やGPS装置、おまけに重いテッポも持たねばならない。昔は何発もスラッグ弾を持って山に入ったが、いまではポケットに3発だけ。

3発撃って当てる自信はないが、3発以上撃っても当たらない自信だけはある。


毛利隊長の愛犬が高知県に嫁入りしたが、山に入ったきり戻らなくなって日曜日は皆で捜したそうだ。

水曜日になってシカ対策用ネットにからまっていたところをやっと無事保護された。よかった、よかった。

こんなことがあるから、GPS装置は必要なのだ。









2017年11月23日木曜日

散髪に行けない

髪が伸びて散髪に行きたいのだが・・・

行けない理由は、散髪屋さんにヒゲ剃ってもらってる時、首ごとカットされる恐れがある、というわけではなくて、このところ下痢気味なだけ。


今朝など2Fの私のトイレに行って、1Fに降りただけでまた・・・1Fには家人用があるのでちょっと借用。


我が家には4ヶ所もトイレがあるので不便はないのだが、有便なのだ。なに食ったのかなあ。


そんなわけで自宅を離れられない。こんなときに限って呑み屋のねえちゃんが、

「アタシさあ、今日お休みなんだけどぉ、ヒマなんだよ。呑みに連れてってよぉ」

と連絡してくる。

日頃、お店で呑み過ぎのくせに、お休みの日でも呑みに出ようとする。

白バイ隊員で、休みの日は自分のバイクでツーリングに行くヤツを知ってるが、彼とおねいちゃんはビョーキだと思う。




2017年11月22日水曜日

多忙

このところ、とにかく忙しい。早朝から深夜まで働いている。

理由はちゃんとあるのだが、おめでたいことなのでまた後日、この件はレポートすることになると思う。



昼間忙しくても、ねいさんから「呑みにいきなはるか?」などと声が掛かるとすぐに夕方は出掛けるのでさらに事態は悪化する。

「行きなはるか?」は当地方の方言で「行きませんか?」みたいなニュアンス。



スタッフ不足なのでやはり人員増強を考える必要があるかなあ。






2017年11月20日月曜日

夜鍋

晩酌をやるので夕食はあまり食べない。そんなわけで、我が家ではご飯も出てこない。

猟期前はそれでも問題なく毎日が過ごせた。メシを食わなくても生きていける。私は極端な少食なので、一緒にいる時間が長い人はびっくりする。


このところ猟場で何度も尾根に上がり下りして運動量がやたら多くなった。日曜の夜中などは久々の空腹感を思い出す。

そんな時は、安い旅館の晩飯時に出てくるひとり鍋を愛用している。100円ショップで固形燃料を仕入れて、夜な夜な冷蔵庫の余り物を入れて鍋にしている。

昨夜は家人が旅行中で冷蔵庫が空っぽだった。

チキンラーメンがあったので、TVみながらのんびりと作った。この鍋はラーメン程度が似合ってると思う。ちゃんとした料理ができるはずもない。冬場温まるには、いいかもね。



2017年11月19日日曜日

少数精鋭

今日のお散歩隊は3名で出猟。私、サトちゃん選手、お隣・三瓶町のK氏。それ以外のメンバーはお仕事や、奥方の送迎や、地区奉仕作業などで忙しい。

K氏は初めての参加だが、ライフル&スラッグ大会でご一緒するし、ランニングターゲット部会の公式選手なのだ。

3名で入り口に記念碑が建っている谷を最初に攻めた。K選手は谷中央の橋付近で待ってもらう。両方の尾根から追い出された獲物はこの付近を通過して向かいの尾根に逃げ込む。こんな場所を「渡り」と呼んでシューターを配置するとよく獲れる。

momoちゃんと鈴ちゃんが私の足元からずいぶんと離れてGPS電波が受信できない。

サトちゃん選手から「momoが吠えているぞ」と無線が入った。すぐにシダの中から中型イノシシが私の前に飛び出してきた。まだ装填していないよ。

私を見てあわててイノシシはシダの中に隠れる。場所はK選手が待っている真上の尾根だ。

momoちゃんが追いついてきた。躊躇せずイノシシが隠れているシダに飛び込む。

イノシシが右に落ちればK選手の前に行く。

残念なことに左の谷に落ちてしまった。確率50%なのだが、なぜかいつも撃つ気満々の選手が待っている側には行かない。やはり殺気は存在するのだろうか。


ここで私のドッグナビ端末がバッテリー切れを起こしてしまった。昨日充電したが、どうも電源が入ったままだったみたい。コンビニまで走って乾電池仕様のモバイルバッテリーを購入。充電しながら猟を続けた。

次のラウンドはハクビシン1頭捕獲。momoちゃんがくわえて戻ってきた。犬も自慢をしたいのだ。

昼メシを食った後はmomoちゃん、鈴ちゃんが吠えながら延々と尾根筋を追い続けた。あきらかにイノシシと喧嘩しながら追っている。現場に行きたいがドッグナビが動かない。代理店のくせに知らなかったのだが、この装置、充電しながらでは機能しない。

電源を切って充電をして、ある程度経つと位置確認をするのだがすぐに電源が落ちてしまう。この繰り返しでは移動する犬を追いきれない。

次からはちゃんと充電して行こうと反省した。



本日の獲物、ハクビシン1頭。トホホ・・・









2017年11月18日土曜日

倉庫整理

先の台風で倉庫の波板がはがされて、おまけにドッグラン内の倉庫なので犬、ことに鈴ちゃんが大暴れをして、もう内部はメチャクチャ。

とても個人で片付けできるレベルじゃないので廃棄物収集業者さんにずいぶん前から依頼していた。

やっと昨日来てくれた。

同じような被災者がたくさんいて、もう毎日忙しいのだそうだ。


4名来ていただいて、私もお手伝いして夕方、やっと片付いた。軽四トラック4台分もあった。陽気なおっちゃん達と一緒に作業するのは楽しい。オイラも軽四トラック持ち込みで仕事しようかなあ。

料金は1台分、2万円!

業者さんは、これを自社に持ち帰って分別なさる。たいへんな作業なのでしかたがない。


スバルのキャッシュバック分以上が吹っ飛んだ。トホホ・・・







2017年11月17日金曜日

凄いぞスバル!

スバル担当者から電話があった。

報道で話題の、無資格者が検査をした件で、我が車もリコールに該当するそうだ。

「一年目定期点検時に再検査をさせていただきたいのですが、いかがでしょうか」

別に誰が検査しようが車の安全性に問題があるとも思えない。本当に危険なら該当車をすぐにストップさせるはず。規制がよくないわけで、制度のほうに問題がある。

「いいよ」と返答した。


「了解しました。では1年目定期検査時にリコール処理します。お待たせするわけですので、その時点で*万円キャッシュバックいたします」

えっ! *万円だって。ヨメにバレると取り上げられるので*円と書くけど、ごまんえんは凄い。

「十年でも待つよ。そしたら、ごじゅうまんえん」


心配なのは、あと数ヶ月で半年点検がある。このときついでにやるので、ごまんえんはナシと言われること。


キャッシュバックに弱いワタクシなのだ。




2017年11月16日木曜日

Amazonで売る方法

 写真撮影用の専用ボックスを買った。


写真のように四角いボックス(組み立て式)で上部に照明がある。白い背景があって、この中に商品を入れて撮影をする。


練習のため、撮影がいちばん難しいといわれている高級ナイフを入れて撮ってみた。もちろんザ・多松ナイフのこと。スマホで撮った。


無修正でこれだから素人向きかもしれない。ブレードに上部構造が反射している。初回なので次回からはもう少し対策を考えようと思う。



このボックスを仕入れたのはAmazonへの出品のためなのだ。商品名からして「Amazonスタジオ」。

Amazonは出品するさいの撮影写真基準がやたら厳しい。背景は白である必要がある。その白は、RGB値 255:255:255 まで要求される。

上のナイフの写真はこのままではその基準に達していない。修正が必要なのだ。



基準値を満たすために修正をするとこうなる。これではブレードの質感が見えない。もっと撮影訓練が必要みたいだ。


誤解しないでいただきたいが、Amazonに、ザ・多松ナイフを出品するのでは断じてない。難しい撮影物体として練習をしているだけ。








2017年11月14日火曜日

腹へったぁ

今日は昼メシ抜き。

まったく休む時間がなかった。なんでこんなに忙しい・・と思ったら11月14日だった。狩猟解禁前日。

やっぱり皆さま、準備なさるんだなあ。

いまいちばん売れているのは特小無線機を使った「合法ワナ用発信機」。

商品名にわざわざ「合法」と書いてるのは、同じようなシステムはほぼ「違法」だから。

アマ無線の周波数を利用するものが多いが、これはすべて違法とみなされている。



マグネットスイッチを利用して、ONになると特小トランシーバーの電源スイッチが入って、間歇回路でメロディーを送信する基本動作は10年近く同じ。

無線機側の仕様変更で回路はいろいろ変わった。

このところ時々、チャタリング現象によるリレーの発振動作による故障が起こることが確認できた。チャタリングはリレーやスイッチなど接触部分で起こる現象だ。

もう面倒なのでリレーは廃止する回路に変更した。今日の出荷分からリレーを使わない回路に変更した。(でもその代わりに単三電池は3個使用から4個使用になる)


こんなことやってたら昼メシ食うヒマないわなあ。





2017年11月13日月曜日

おったまげぇ

11月2日に心臓のバイパス手術をなされたSキャプテンのところに、午後行ってきた。

キャプテンの携帯電話が不調なので修理交換をすることにした。委任状と本体を受け取りに行った。私は元携帯電話ショップ経営者なので、その程度の手続きはできる。


すると、今週金曜日、17日に退院することに決まったとおっしゃる。えぇー!



現代の医学、恐るべし。

ご本人の顔色もいいし、動けるようだから自宅療養がいちばんいいのかもしれない。一緒に呑みに行くのはもう少し先になりそうだけど。


帰路は急ぐこともないので長浜線(通称:夕焼けライン)を走った。

夕日に向かって走る。私も含めてタイトルが高齢者仕様だなあ。

インプレッサは一般道でも、この程度の道路なら自動運転が可能だ。ただ65Km以上で走る制限があって、スピード違反となる。

遵法精神マンマンの私はもちろん自動運転モードにセットなどしない・・・よ。


走りながらスマホで撮影などしない・・・よ。













2017年11月12日日曜日

お散歩隊 初獲物

今年のお散歩隊、初獲物は大型イノシシ。S選手のライフル銃弾1発で即死した。

こともあろうに、S選手に向かってシダの中から飛び出してケンカを仕掛けてきたので正当防衛だそうだ。

そのシダの中にS選手の愛犬ブチくんが入って追い回したら、イノシシも怒って出て来るわなあ。

立派な体格のメスイノシシ。


今日の我が家からの出猟は鈴ちゃん。山中でなにかの骨を見つけて「骨っ子食べてぇ」中。



昨年の猟期末頃は単独で吠えていたので連れて行ったが、今年はなぜか鳴きが弱い。

「相手がイノシシなんで怖いんだろ」と勝手に解釈していたが、次のラウンドでシカを追い出す様子を目視した。

シカは後ろに犬に付かれて面倒だなあ、みたい感じでゆっくり逃げていた。鈴ちゃんはその後ろ10mあたりを、小さな声で【キャイン」と言いながら付いていた。明らかに威嚇して追い掛ける感じではない。

昨年はちゃんと吠えていたので、どうも吠え方を忘れたみたいだ。来週はmomo先生を同行してOJTをすることにした。


今年も解体はやっぱりザ・多松ナイフの出番だ。

最初は雲の上の町製鍛造ナイフを使っていたが、市役所で耳をカットして、足首を落としたあたりで、もう切れなくなってしまった。

やむなくザ・多松ナイフを取り出す。サトちゃん選手と左右に分かれて解体作業をした。




解体をしている時、隣町の猟師からLINE.


勝ったぞ。フフフ・・・

2017年11月11日土曜日

Qちゃんとお散歩

土曜日、久々にQちゃんを連れて地元の林道をお散歩。

我が家の犬たちはトラックの前を走るように躾けてある。

林道に沿って走る。三叉路になったら、私がどの方角に行くのか待っている。

一般的に、林道で犬を放してトラックで走ると後ろを付いてくる。でもこれでは獲物の匂いを自ら探すということにならない。こうして先行して走らせると犬の動きも分かるし、犬の自発的なサーチ能力が上がってくる。

momoちゃんと2頭でこうして林道を走らせると周囲50m付近の獲物を発見してくれる。

この走らせ方の躾け方法は簡単だ。林道でトラックから犬を下ろして勝手に走らせる。犬はどうしたらいいか分からないのでトラックのまわりをオロオロと歩きまわる。

トラックの前方に行ったとき、犬のうしろまで移動してやる。

これを繰り返すと簡単に、「とうちゃんは付いてきてくれる」と理解する。もっともこれは、頭脳明晰な屋久島犬なら1時間もあれば覚えるけど、世間にはパープリンな犬も多いので、いくら頑張ってもできない場合もあるかもしれない。

この方法は、いまは亡き島原さんに教わった。島原さんはバードドックをこうして躾けて林道を流された。犬は先行してヤマドリやキジを見つけるとポイントする。銃を準備して「行け」と声をかけるとダッシュして獲物を追い出す。当たらないのが難点だった。


林道の下からなにかの匂いがあるようだ。

こうして確認をする。このときトラックのエンジンは切る。犬は鼻とともに耳を使って確認をする。

このあと200mほど下って探したが獲物はいなかったようだ。

トラックに乗せようとした時、Qちゃんが大口を開けた。あれれ、ほとんど歯がないじゃん。昨年、イノシシをやっつけたときに何本か歯が取れてしまったけど、あれからさらに悪化している。

このままイノシシに遭うと危ないので、今日は回収して終了。


獣医さんからは「高齢なのでイノシシと喧嘩すると間違いなく負けます。山に連れて行かないで」と言われている。こんなことだったのね。





2017年11月10日金曜日

代車

昨日からこの軽四に乗っている。S選手工場の代車。


某ねいさんのクルマがいま車検中。ねいさんはこれまでずっとトヨタ系ディーラーで車検を受けてきた。あまりに高額なのを聞いてバカバカしく思い、私が紹介した。

S選手工場はディーラーみたいに高額な車検代金を請求しないが、ディーラーみたいに新車に近い代車は準備していない。

「オジサンの新車を代車に貸してよん。汚れてるのはイヤだからちゃんと洗車しといてね」

こんなことを言うヤツはディーラーで高額な車検代金を搾り取られたらいい気味なのだが、スケベおやじはモテるためならなんでもする。

そんなわけで先日、慣れない洗車をした。で、私は今日から工場の代車。なんじゃこりゃ。

市役所前走行中
ねいさんはインプレッサにさっそうと乗ってお帰りになった。

でもね、我がインプは特別仕様なのだ。GPS端末がピラー内に仕込んであって、リアルタイムで移動場所が判明できる。

どっかのストーカーとは違うので、この機能の説明は事前にしてある。実際に動作していることを、ちゃんとお知らせするのが正しいヨットマン精神。


まっすぐケーキ屋さんに行ったので、「移動場所は分かるよ。甘いものは苦手だからね」と連絡したら、

「オジサン用じゃないよ、Sクン用にケーキ買ってるんだからん」


S工場の後継者、コウタは180cmオーバーの大男のくせに甘いものに目がない。








2017年11月9日木曜日

聞かれていた・・・

毛利隊長と久々のお話し。

三瓶YCの長老、Sキャプテンが心臓のバイパス手術をなさった。隊長も同じ症状で手術を医者からすすめられているが断固拒否されている。

「もう75歳も過ぎているので、手術して動けなくなるより、そのまま現状維持をオレは選択したぞ」

隊長の父上は医者だったので一般の人よりは知識がある。年齢は同じなので、さてどちらが正解なのかこれから判明する。



「日曜日、派手に鳴らしたじゃないか。最初に2発鳴って、少しおいて1発鳴った」

聞かれていた。トホホ・・・

経過を白状した。

「逃げられたと思っていたよ」

大ベテランは銃声を聞いただけで、おおまかな事態推察ができる。




2017年11月8日水曜日

軸下重量低減化

車などは軸下重量の低減化が走行性能向上に効果的であることはよくいわれている。鉄製からアルミ製ホイルへの交換などが代表例。


先の日曜日、久々に犬と一緒に歩いてかなりバテた。

昨年から交換しようと思っていたトレッキングシューズ。いま履いているものの重さは約500g。



今日、スポーツ用品店に行って購入してきたものは371g!

片側だけで130gも軽くなった。これで足回りは改善されたので走り回ることができる・・・かもしれない。

少し大きめのサイズにした。今年もあいかわらず巻き爪が治っていないので下り坂がつらい。

「巻き爪なので1サイズ大きいものにするよ」

「私もそうなんですよぉ。痛いですねえ。なんで巻き爪になるのかなあ・・」

スポーツ用品店の若いおねいちゃんはおっしゃった。

「水虫が原因だがね」

あっさり私が言うと、それ以後は黙々とレジ作業をなされた。真実をしゃべってはいけないらしい。



帰社してこの新型トレッキングシューズを、マラソンランナーである美人社員さんにみせた。手にとって、ひとこと「重い!」


マラソン用のランニングシューズは羽根のごとく軽いのだそうだ。ちなみに彼女は愛媛ラソンはアスリート枠だし、先日の四万十ウルトラマラソン100Kmコース完走の超アスリートなのだ。





2017年11月7日火曜日

きつい挿入

トラさまのご要望にお応えして、やっときつい挿入のジャンプ式くくり罠を商品化した。

15mm径で全長140cmもあるスプリングを30cmのパイプに挿入するんだから、これはもうきつい。

力自慢(決してバカ力とは言わない)の猟仲間ですら、このスプリングを使うときは40cmのパイプにするか一部をカットして使っている。

でも、国内最強のスプリングは、やれば30cmに挿入可能なのだ。


我が社でセットする場合は、「電動式押しバネセッター」を使っている。これを使うと楽々にセット可能だ。

販売する側の責任として、手動でセットしてみた。車庫天井にフックを取り付けてぶら下がるようにしたらセットはできた。写真にあるスプリング内のインサーターが最後の30cmで有効に働く。


くくり罠に使うスプリングは強いほど長く設置できる。土中に長く置くと土が固まってしまい、いざ獲物が踏んだときに動作が緩慢になってしまう。これを避けるためにベテランほど強力バネを使おうとする。

ところが高齢になってくると自身のパワーが落ちてセットができなくなる。そこをテクニックでカバーしようと、舐めたりしゃぶったりして、13cmの罠に頼ろうとなさる。


パワーがモノを言うのはどの世界でも同じ。このワナは効きますぜ、旦那!









2017年11月6日月曜日

インターネットラジオ

このかわいいモノはラジオ。

ネット接続して聴く。全国のラジオ局がプリセットされている。でもNHKはどこにも入ってないので受信料は支払わなくてもいい。


ネットショップの事務所は来客もなく(お断りする)退屈なので、事務員さんは空いてるパソコンでラジオを聴きながらお仕事をなさっていた。

ところが先日、パソコンにお焼酎をぶっかけて壊してしまったので、空いてるパソコンを私の部屋用にしてしまった。


こんなネットラジオがあることを知ってさっそく仕入れた。電源スイッチがないことが、カスタマーレビューで不評だったが、音声ミュートとディスプレイOFF機能があるので問題はない。

電源を切ると再接続が面倒なので電源スイッチをなくしたのだろう。カスタマーレビューは素人意見なので真に受けてはイクナイ。事務員さんには喜んでもらえた。よかった。




車がひどく汚れていたので手洗い洗車を10年ぶりくらいにした。

いつもなら洗車機に入れるが、先日全面キズキズになったので、我が家には高圧洗浄機があることを思い出して水道につないでみた。

これで洗っても泥程度は落ちるが、汚れ(水垢)はまったく落ちない。水圧が低いせいかもしれない。もっと高性能なものに買い替えようと調べてみた。

どうも圧力は関係ないみたいだった。いくら高圧にしても水垢は落ちないらしい。超高圧にしたら塗装まで落ちるみたいだ。スポンジに洗剤付けて磨くしかない。


ホームセンターでスポンジブラシ買ってきてやってみたら汚れは簡単に落ちた。なーんだ。



2017年11月5日日曜日

初猟 発砲するも当たらず

昨日はスポーツ用品店に行ってスパッツを購入して今日の準備をした。


足首を固めるのにカッコいいかもしれないと思ったのだ。


早起きして忘れ物がないようにチェック。

昨年は靴を普段履きのデッキシューズで行ってしまってひどいめに遭った。

犬はmomoちゃんだけ同行。

昨年から1頭しか使わないことにしている。理由は遠くまで走らないよう、足元にできるかぎりいるようにするため。

1ラウンド目。林道にトラックを停めて準備をして5分もしないうちにmomoちゃんは獲物発見。尾根で吠えているのでヒーヒー這い登っていったら獲物は逃げ出してしまった。近づくのがバレた。イノシシと思われる。久しぶりだから息があがってるもんなあ。

momoちゃんは追い回して、谷底でまた吠え始めた。止めたみたいだ。

ヒィ~と言いながらも今度は急斜面を下る。やっと谷底にたどり着いたらもう獲物は逃げてしまってmomoちゃんも戦意喪失。とうちゃんは疲労困憊。


このラウンドでカッコいいスパッツはまったく使えないことが分かって、昔ながらの脚絆に変更。

猟師は藪を漕ぐので邪魔になるだけだった。

それにしても汚いベレッタ。銃検査のとき、町内でいちばん汚い銃と言われる。



昼飯を食って第2ラウンド。S選手、サトちゃん選手と私で尾根を違えて犬を入れた。尾根間に谷があるがお互いの直線距離は200mくらいしか離れていない。

予告なしにS選手のライフル銃が2発鳴った。どうも銃口はこちらを向いている。あわてて木の陰に避難した。散弾銃なら200mもあれば威力が落ちるが、ライフル銃弾は2~3Kmも殺傷能力がある。もちろん大ベテランのS選手なのでバックストップを確保して撃ってるが、やはり怖いものは怖い。いつもならあと3発は鳴る。でも以後は鳴らない。当たったのかな?

「安全解除に手間取ったので2発で見えなくなった。アンタのほうに行ったぞ」

聞いているうちにバリバリと音がして前方50mに全力疾走のシカが見えた。なにせ撃たれたばかりなので必死で走っている。

1発撃ったが当たるはずもない。スキート射撃4番マークを撃つ感じ。ただし距離は50m。

momoちゃんはそのシカを執念深く1時間も追いかけた。足元犬にはなれないねえ。





注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...