寒い朝

北風吹き抜く寒い朝だった。



フロントガラスは完全に凍りついていた。

これでは、心ひとつだけでは温かくなりそうもない。


これを読んで、「吉永小百合」サマ、と連想なさるかたは同年代。



こんな朝は、起き出したらすぐ、庭先にある事務所と作業場まで行って暖房機器をONする。社員さんたちが出社したとき、暖いと思ってくれたらいい。


日頃から愛読している、風俗嬢たちの写メ日記に、「お部屋を暖かくして待ってますから来てね」なーんて書いてあるのを見て私も実践しているのだ。

いまいちばん興味津々なのはこの風俗嬢写メ日誌。なにせリアリティーがある。

嬢によっては、お相手ひとりずつの感想を書く場合がある。数えると・・・恐ろしくなる。個室内でのやりとりをお書きになるときもある。もちろんなさる行為の感想もある。個人名特定で「マー君ありがと。感じたよ」なんて書くやつもいるので危ない。ちなみに私もマー君だが、たぶん別人だろう、そんなテクニックは持ち合わせていない。














0 件のコメント: