2015年6月22日月曜日

電動針結び器でサルカン結び

魚釣り仕掛けを作るには釣り針に糸を結ぶことはもちろんですが、サルカンやオモリに糸を結ぶこともあります。

でも年をとると目が見えにくのですよね。電動針結び器でサルカンも結べないか試してみました。






簡単にできました。釣り針のかわりに針金をセットして最後に抜けばいいだけです。何度か失敗をしましたが、コツはサルカン側にテンションをかけることです。作業机にまた穴が開きました。


ずいぶん以前から、こうすれば何にでもハリスを結ぶことができると思っていたのですが、釣具屋は、「釣り針以外は絶対に結べません!」と言ってたのです。



サルカン結びくらい自分でしろとおっしゃるアナタ、それができるくらいだったら電動針結び器など購入しませんがな。



撮影時もピントが外れていますが、糸や針が見えてないところを手探りでやるのですからタイヘンなのです。長年、暗闇での手探り経験がありますので、なんとかやってますけどね。






これまではハリスを二重にしてエイトノットで輪を作ってサルカンを入れてました。


このほうがハリスがサルカンに接する面が多いので強度が出るのではないかと思うのです。




脱着も可能です。やっぱりサルカン部はこうしようかな。(じゃあ何のための動画だぁ、というお叱りの声が聞こえた)







なるほどのクリックよろしく → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...