試運転

プロペラ交換が終了です。

こうしてみるとやはりデカイです。漁船みたいです。

池川さん(池川ヨット工房)によると、水の抵抗は空気の800倍だそうです。

このサイズのプロペラのセーリング時の抵抗は、コンパネ数枚を風に立てて走っていることになるのだそうです。

確かにこのでかいプロペラの面積を800倍するとたいへんです。セーリング性能はあきらめることになります。ま、レースで優勝を狙うわけでもありません。(せめて勝ちたや、くじら丸)


さっそく試運転です。マリーナバースから出て、アイドリングで回しながらGPSをセットです。速度を見るのです。

測位を開始したらいきなり4ノット表示です。??アイドリングで1.000回転なのですが。
サイズが大きいのでアイドリング回転でもやはり4ノット出ています。


回転を上げていきます。ぐっと船尾が沈みます。2.000回転で6ノットオーバーです。

いいぞ、いいぞ。

最高速度を試してみましょう。

スロットルをいっぱいにあげます。あれれ?

2.600回転で黒煙が出てそれ以上回りません。あれまあ、やっぱりオーバーサイズでした。

ヤンマー2GMは3.400回転くらいまで回るはずです。これまでのペラでもそうでした。


実用最高速度(黒煙が出ない位置)は、2.500回転で7ノットオーバーです。

巡航は2.000回転で6ノットオーバーです。これならエンジン音がものすごく小さいのです。我が艇はクルージング時の巡航速度を6ノットに想定していますので、ちょうどいいかもしれません。

ハルスピード(理論値)もそんなものです。小型ヨットで6ノット巡航を維持できるのはたいしたものなのです。

3枚ペラは明らかに振動も少なく、機走で走るには快適です。しばらくはこれで乗ってみることにします。








よかったねのクリックよろしく → 人気ブログランキングへ

1 件のコメント:

因島のトラ さんのコメント...

因島のトラです。以前友人のヤマハのスカンピ30フィートに乗っていましたが、3枚ペラは、シーアンカーを降ろしているようでした。
セーリングの時は、ニュートラルにしてください。
多少は抵抗が少なくなったような…。

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...