うるう秒問題

ニュースでやっていたのでお気づきの方もあるかと思うが、GPSデータ送信側で1月1日にうるう秒を1秒加える操作が行われた。

詳細はこちら。


59秒の次に60秒の1秒が加えられた。


別にそれで日常生活に困ったことがあるわけではないのだが、私が販売をしているGPS首輪(ドッグナビ)では多少の問題が起こるかもしれない。


通常だとスイッチONにすれば即座に位置情報を示すのだが、このデータ変更を計算し終わるまで多少のタイムラグが生じるかもしれないのだ。


新しいデータを読み込むことになる。(GPS機器側では、コールドスタートという)その時間が数十分単位でかかる場合があるかもしれない。数分で完了するかもしれない。


せっかちな性格の人が多いハンター業界なので、「故障だぁ!」とおしゃるかもしれないが、時がすべてを解決する。


そんなわけで新年早々、イノシシ狩りをなさる皆さまにおかれては、ちゃんと正しいデータが表示されるまで待機して放犬なさることをおすすめする。











0 件のコメント: