モバイルバッテリー

大分県のドクター・ヨット乗りサマが、先日紹介したモバイルバッテリーをお買い上げいただいた。

見事にヨットの2GMエンジンが始動できたそうだ。

実は私も動画はヨットのディーゼルエンジンで撮りたかったのだが、なにせヨットのバッテリー配線は複雑過ぎる。A,Bの2個あって、Aのみでも、Bのみでも、さらには2個同時にでも使用できるようになっている。うっかりバッテリー配線を外すと再組み立てできなくなる恐れがある。


果敢にもドクター・ヨット乗りサマは自艇でお試しになったのだ。そして見事に始動できたと報告があった。


このモバイルバッテリー、最近急速に普及しており、大容量で安いものもある。エンジン始動用にはそんなものでいいのかもしれない。


当社が取り扱っている製品は、あくまでもフルノ製GPS装置のオプションとして選択したものだ。


このGPS装置は、わずか1W出力の犬の首輪から出る、数キロ先からのGPS信号を受信している。そのために周辺機器はできる限り電波ノイズが少ないものである必要がある。液晶画面を消す機能まである。液晶のノイズすら妨害になる場合があるのだ。


電波ノイズがどのようなものか簡単に知るには、FMラジオをパソコンに近づけてみると実感できる。(AM放送でも同じだけどね) パソコン周辺では雑音のためにFM放送が受信できない。

手元にラジオがあったので動画撮影。充電中(ワイヤレス充電)のスマホ付近でも同じだ。









これと同じように電子機器やバッテリーからもスプリアス(電子ノイズ)は発生している。



本機は完全に金属シールドで覆われていてスプリアス(電波ノイズ)が非常に低いと思われる。実際の測定には超高額なスペアナ(いい名前だが、スペクトルアナライザーの略)等が必要なので、実測で試してみた。


受信性能に充電中でも差がなかったので選択をした。エンジン始動機能はオマケなのだ。













0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...