Key Mission

またまた、カメラを買ってしまった。

超小型 Nikon製 Key Mission 80。

スマホと比べるとそのサイズが分かる。

以前は高かったがずいぶんと価格がこなれてきた。2万円でたっぷりとお釣りがくる。


スマホのカメラはやっぱり使いにくいので、携帯できる小型のものが欲しかった。Nikon製の小型デジカメは以前も使っていたが、孫に見つかった。「かわいい!」とかいって広島に持ち帰ってしまった。ジイちゃんのものはワタシのものなのだ。

この機種も夏休みまでのイノチかもしれない。


麦秋を写してみた。風景はこんなものか。




動画も撮れる。下から覗く練習。


メモ帳代わりに使いたい。週刊誌を接写してみた。

ピントがうまく合わない。

液晶画面が小さいので、ピンぼけが確認できない。

でも、ほんのすこしだけ撮影位置を変えることでちゃんと接写できる。


そうか、アベ政権が重要法案といってる高プロってのはこういうことなのか。

なるほどなあ。


このカメラ、スマホと連動している。アプリをインストールしておくと、撮影したデータを自動でスマホに転送してくれる。

こんな写真でスマホが溢れるのは嫌だから自動転送はOFFにしておこう。

スマホを使ってリモコン撮影も可能だ。カメラ電源が入ってないと使えないと思い込んでいたが、スマホから電源を入れることも可能だ。(自動転送機能をONにしておく必要があるみたい)

カメラを固定するホルダーが標準付属だが、おバカなことにホルダーに入れると電源がOFFになる。

ホルダーに付けたまま動画撮影をしようと思ったのにできない。マグネットスイッチを使っている。ホルダーから外れると自動でONになる。

この機能のスイッチをノーマル・クローズ型(N・C)という。我が社製罠用発信機と同じだ。

逆にマグネットが近づくとONになる機能はノーマル・オープン(N・O)だ。ノーマル時はマグネットなし。オープンするのは回路だから電源はOFFになる。

紛らわしくて、プロでもしょっちゅう間違える。間違えるのは、おもに彼の国のプロだ。国内でこんなベーシックなミスをしたら生きていけない。






0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...