白いメダカ

某所で白いメダカを販売していた。

「白敷家」だから白いメダカがいいじゃないかと買い求めて来た。

帰宅したら、これまでのメダカが2匹死んでいた。なんで?残るは2匹。


井戸水で飼っている。カルキもないはずだし、ポンプで酸素供給もしている。なにかが不足しているのだろうな。エサはちゃんとやっている。

メダカ飼育は奥が深い。今回の死因は「老衰」とした。



晩飯時に出てきたシラス。

似たようなサイズと色だ。


食ったり飼ったりと、人間は忙しいことだ。




梅雨明けが近いせいか、ワナ関連の注文がやたら増えて昼飯を食うヒマもない。なんとかしないといけない。テレワークで働く社員さんを増やすかなあ。ワナ関連の組み立て作業になる。早い話し、昔からある「内職外注」だな。





0 件のコメント: