ボタン鍋作り

ずいぶん冷え込んできました。こんな時はボタン鍋にかぎります。

孫たちが冬休みの間は遊びにきています。4歳と6歳です。うれしいのですが、鍋を作るには彼女たちが寝静まるのを待ちます。

なにせ台所仕事を手伝うのが大好きなのです。ずっと台所にいます。

アップルジュースは完全に自作です。リンゴを摺り下ろして搾って飲んでいます。

今日は朝からタコ焼きを作っていたようです。

でもお勉強もします。家人は元小学校教員なので子どもの扱いはお得意です。冬休みの宿題はもう終わったそうです。日記も全部書いたそうです・・・・?やるもんです。


そろそろ一階が静かになりました。疲れ果てて寝こみました。台所仕事の他に、お買い物に行ってスーパーを走り回ることとか、MOMOちゃんと散歩に行って走り回らせられるとか、Qちゃんに餌をあげて追い掛けられるとか、もう一日中忙しいのです。

ボタン鍋の制作に取りかかるとしますか。写真のボタン鍋はイメージです。実際に猟師が作る鍋はもっと肉を厚く切ります。骨も入れます。こうしないと味が出ません。脂がのったメスイノシシのいちばんいい部位を冷凍していました。ゆっくり解凍したばかりです。

味噌風味が多いのですが、私はコンソメを使います。これは思いのほかいけます。今から仕込んで実際に食べるのは明日の晩か明後日です。美味いものを食うには時間がかかるのです。




飲みすぎ注意、と思う方クリックよろしく → 人気ブログランキングへ


0 件のコメント: