猟期終了間近

25年間、もう四半世紀も同じエリアで狩猟をしている。

津島町上槇地区でやっている。毛利隊長がこのエリアをカバーされていたせいもあったが、結婚前に家人がこのエリアの小学校で教員をやっていたことから、地区の方と個人的なお付き合いがあったことも原因だ。いまでは誰ひとり存命でない。


今日は神田地区に犬を入れてみた。ここにはかつて小学校もあったが、いまでは老齢ご夫婦一戸と、焼き物をしている窯元家族が住んでいらっしゃるだけだ。


この谷奥の梅にツボミが見えると、「今年の猟期も終わったよなあ」と猟仲間のNさんがよくおっしゃったことを思い出した。

今日はもう開花している。昔の猟期は2月15日までだったので当然だ。Nさんはお魚屋さんだった。ご長男さんのところに行かれたが、お元気かなあ。

こうしてメモリアルに浸るのはお年頃のせいだろうか。








0 件のコメント: