2020年9月6日日曜日

ダイハツジャンボ ウィンドウォッシャーポンプ修理

 


先日からジャンボのウィンドウォッシャー液が出ない。液がないのだろうと補充した。


スイッチを入れるとフロントパネル付近から漏れている。こりゃあパイプが外れていると思ってフロントパネルを外してみた。

先にライト上、左右パネルを外す。



次はフロントパネル。

ピンと10mmボルトで固定してある。

このピンの外し方はS選手から教わった。








フロントパネルが外れた。ウィンドウォッシャー液が流れるパイプが見える。

別に外れている箇所はないけどなあ・・・

それにしても、このパーツの裏側にはいっぱい手書き文字が書いてある。



故障原因発見!
パイプが切れている。

パネル内にあるのになぜ切れる?
やっぱり蛇の祟りか。

切れた部分を接続する必要がある。でもそんな都合のいいパーツがあるわけない。



ホームセンターに行ったら、その都合のいいものがあった。

金魚鉢にエアを送るポンプに取り付ける逆止弁がぴったりなサイズ。

切れた左右に差し込むだけでいい。

しかもエアが逆流しないぞ。(このさい意味はないけど)



試運転して修理完了!


パネルを元に戻す時にもいっぱい手書き文字発見。

宮大工が天井裏に落書きしたようなものだろうか。


もしかしたら生産ライン上の彼と彼女が、こうしてメモを書いて「でぇーと」の約束したのではないだろうか。

もうすぐ台風がくると言うのに馬鹿な妄想をしている私なのだ。








0 件のコメント:

故障ばっかり

  お仕事でいちばんよく使う電動工具、小型鋸盤が壊れた。 分解したらVベルトが切断していることが判明した。修理をする時間がない。連日使うのだ。 新品に入れ替えた。小型のくせに値段は高い。競合製品がないせいだ。 作業用小型万力も壊れた。なんで? 長年使ったせいとしかいいようがない。...

人気の記事(過去一か月)