灼熱地獄よりやっと生還


やっと香川県から生還できました。この晴天の土・日曜日に炎天下でクレー射撃競技をやったのです。準備していった冷却グッズなんてのは屁の突っ張りにもなりませんでした。

ぶっ倒れるかと真剣に思うほどの暑さでした。香川県は瀬戸内海気候と呼ばれる雨の少ないエリアです。でもなぜか湿度が高くて、本当に熱中症発症で死者がでなかったのが不思議です。(体調不良で病院に行った選手はいます)

汗まみれで撃ちながら、「これは何かの罰ゲームなんだろうか・・・」と考えます。確かに日々いいこことはしていませんが、かといってこんなメに遭うほど酷いことはしていないつもりです。神様がイノシシやシカの味方になったのならしかたがありません。きっとそうなったのでしょうね。すでに警察はこれら害獣の味方になって我々テッポ撃ちをあーだ、こーだと虐め倒しています。


S選手が快調に当てています。なんで?とズームアップしてみたら、冷却タオルに氷を入れて首筋を冷やしています。直接冷却方式です。でもプロテクター付けるの忘れてます。それほど暑いのです。


得点係をしていた時、25枚中8枚外した選手の得点を15点と書いてしまいました。暗算ができなくなるほど暑いのです。



ヘロヘロになって帰宅して、エアコン設定温度を16度Cにしてベッドに倒れ込みました。幸い愛媛には夕立がありますので外気温も下がってきました。なんとかブログ更新できるまで機能回復です。

いやはや酷い目に遭ったものです。







お疲れさまぁ、と思う方クリックよろしく → 人気ブログランキングへ  


0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...