スコープ装着完了



S選手とふたりで、うどん県までお出かけしてきました。まっ先に、名店「たむら」に立ち寄りました。昼前だったので行列はまだです。私の好みの食べ方は、うどんに少量の醤油をかけるだけです。(今日は贅沢をして温泉卵を追加です。これで総額300円)


うまいなぁ!

S選手は大盛りに温かいイリコだしです。



食べ終わったら、ここから5分の高松総合射撃場に行きました。


ミルドットスコープ装着完了です。凄みがあります。まさに凶器です。










念のために段ボール板製大型ターゲットを持参したのですが1発目からほぼ真ん中に入りました。正確に取り付けてあります。

左方面ばかり撃つのはクレー射撃時のクセです。トリガーを引く瞬間に銃を押してしまいます。

親指を立てて撃つことで修正です。

画像は借り物です。


散弾銃のように握りこまないで撃つことで銃を動かさずに発射できます。これであとは練習あるのみです。







続いてS選手が自慢のカービン銃を持ちだして撃ちます。カービン銃とは接近戦用の小型軽量銃です。スコープなしのオープンサイトです。50m先のターゲットは肉眼では見えません。もちろん弾痕も見えません。
画像は借り物です。


私がスポッターになって、「左」、「左下」などと弾痕を報告しながら撃つのです。彼も左寄りばかりです。

面白いことに、砂袋上に置いて、銃を固定して撃つより、立射で撃つほうがはるかによく当たるのです。

長年、クレー射撃で銃をコントロールしてきた成果かもしれません。



スコープの威力を認識したようですので、彼も装着するのは時間の問題です。








お疲れさんのクリックよろしく → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...