PIC化大作戦

電気製品を小型のワンチップマイコンで制御する技術をPIC(ピック)と言う。

以前からお勉強をしようと思っていたが、難関なのだ。プログラムを書いたり、機械語に翻訳したりしてワンチップICに書き込む。書き込んでしまえばこっちのもので、あとはこのICが各種制御をしてくれる。

世間には優しい方がいらっしゃるもので、我が社の某システムの動作をPICに書き込んで持参いただいた。

ありがたや、ありがたや。

電源を接続して、信号を入れるとちゃんと動作する。


さてPICはできたが、私の仕事はこれを実際に装置に組み込むことだ。まずはテストのために久々にブレッドボードを持ち出した。さきに5Vの電源回路を作って・・・

うーん微細なパーツと闘うのは疲れるなあ。今日はこれまでにして、明日はイノシシと戦う。



0 件のコメント: