ステンレス化

くくり罠で使うワイヤー止め(ストッパー)が錆びる。スチール製だから当たり前。

ここが錆びると罠の再セットのときに面倒だ。空弾きしたときなど、獲物はいないし、ネジが錆びついているし、もうアタマにくる。


このさいすべてステンレス化することにした。これだったら錆びないだろう。九州の某社で売っていることは知っているが、1個170円以上もする。100円以下で売ろうと思う。


国内で加工を依頼したらとても無理だ。トランプさんの嫌いな国に外注した。月末ころには到着するかな。


パイプカットして、タップでネジを切るだけの簡単なパーツだが、作るにはいろいろなノウハウがある。

ノギスでの正確なサイズを要求するには意味がある。

ワイヤーは4mmなので、内径は4mm以上なら使えると思う。5mmにしたらブレもなくてちゃんと固定できると普通は思う。でもこれにテンションをかけたら間違いなく滑って固定できない。

内径を6mmにしたらちゃんと固定できてストッパーとしての役割を果たす。どうやらストッパーは蝶ネジの滑り抵抗で止まっているのではなく、ワイヤーが変形することで固定できているようだ。

やってみないと分からないことは多い。単純なストッパーでもこれだから、その他パーツ類のトライ&エラーは相当なものなのだ。これがノウハウなのかもしれない。死ぬ前にこれらを「秘伝忍法帖」として書き残すかなあ。TipsとしてPCに残すのは味気ない。










0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...