シッポ払い

我が社には、「シッポ払い」という制度があります。

駆除で稼いだお金で支払う、という意味です。一般的にイノシシやらシカを駆除したら、シッポを証拠品として切り取って役所に提出します。それに応じて賞金が出ます。

友人や駆除仲間に限りますが、猟に必要な無線機や電子機器をこの賞金で購入いただくのです。


単なる掛売りのことですが、私が、「この無線機はイノシシのシッポ3本とタヌキ2本」(32,000円)なんて言うものだから、社内では「シッポ払い」と呼んでいます。



1月だけでシカのシッポ5本も確保された方がいます。罠で獲るわけでなく射獲です。メンバーはふたりです。これは凄いことです。シカを銃で撃ち取るのは実に難しいのです。我々、お散歩隊なんて4人で1月は捕獲ゼロです。トホホ・・・


シッポ持ちなので(お金持ちの同意語)、最新鋭の防水型無線機をお買い上げいただきました。ありがたや、ありがたや。






売れてよかったね、と思う方クリックよろしく → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...