2015年7月22日水曜日

工作の日

朝から工作です。注文していたパーツが届いたのです。旧事務所に工具を集めて工作室にしています。釣りの仕掛けばかりを作っているわけではないのです。



最初は、「罠用発信器」です。特定小電力無線機を無改造で使っています。合法です。

これまでは防水ソフトケースに入れて販売していたのですが、強度的に問題があります。

そこでハードケースを取り寄せました。防水・防塵のISO規格品です。高名なTAKACHI製です。



今回は外付けの電池ケースを使いました。これでオフシーズンには通常の無線機としての使用が可能です。






型式はNJT20Hです。最後のHは私のことではありませんよ。「ハードケース」のHです。


価格設定で悩んでいますが、当分はこれまでのソフトケースと同一価格で頑張ることにしました。9,800円(税別)です。無線機とハードケースだけで赤字になりそうです。でも害獣対策で頑張っている皆さんに少しは楽をして欲しいと、たまには殊勝なことを思うのです。

*マグネットスイッチは在庫品があったので価格設定の計算に入れてませんでした。在庫分はこの価格だけど、値上げは時間の問題ですよねえ。


こちらで販売を開始しました。



一回作っていたauネットワーク利用のGPS首輪ケースも制作しました。


サイズぴったりです。前後左右に動きません。もちろん蓋もボルト・ナットで固定しますので猟犬のハードな動きに対応します。


首輪とケースのみの販売です。


GPS本体はauショップで無料契約できますよ。(月額2円は必要)



大切な愛犬の首側は皿ボルトを首輪に埋め込んで皮膚に当たらないようにしました。ワッシャーがあると固定できないほどサイズが微妙です。ノギス片手に頑張りましたよ。



こちらの販売価格は3,800円(税別)です。


本体がタダなので首輪とケースにお金を使ってください。




こちらで販売を開始しました。




それにしても今回の「電気柵」事故はひどいですねえ。

家庭用AC100Vをそのまま使っていたというのですから、これって殺人行為です。一般的な電気柵はたいていがDC仕様で、ソーラーパネルで充電しながら使っています。電圧を上げて使います。人間のマッサージ器に皮膚に貼り付けてビリビリするものがありますが、あんな使い方が普通なのです。野生動物は極端に電気ショックに弱いのです。



AC接続は禁止すべきと思います。(DC仕様でもAC変換したら簡単にイノシシなら殺戮できるのですけどね)










お疲れさんのクリックよろしく → 人気ブログランキングへ

1 件のコメント:

因島のトラ さんのコメント...

イノシシの止めさしで、発電機で交流100Vを使用していますが、瞬殺です。
それを400Vに昇圧していた可能性もあるそうですから危険この上ない行為ですね。
以前に、電気ワナも考えたことがありますが、イノシシ以外に対して安全にする方法が見つからず断念したことがありました。

罠用発信器のケースが、ハードケースに改良されたそうですね。これなら実用に耐えそうなので、発売を待っています。

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...