日振島周航

いい天気の日曜日。

作業の進捗状況もいいので朝から釣りに行った。トローリングで大物を狙う。

オーニングは面倒なので簡単な日よけを設置した。



狙いは大物なので日振島沖まで行くことにした。

横島と日振島の間は狭くて浅い。

昔、御五神島でキャンプをしていた時、暴風雨になって日振島に深夜に避難したことがある。

その時にこの海峡を抜けたが、あまりに浅いのでビビったことを思い出した。

潮止まりなのでゆっくり抜けようと海峡に入ったが、まだ潮は流れていた。エンジンをデッドスローにしているのに4ノットで流される。水深アラームが鳴りっぱなしだ。海底が見える。怖い。最浅部で4mだった。ここを抜けて日振島を反時計回りに一周した。

たくさんの釣り人が岩場にいらっしゃる。

トローリングではなーーんも釣れない。
しまった。エサを持ってくるんだった。

ここの釣り師の皆さんは膨大なオキアミを投入なさる。この岩場の前で超大型のホゴが釣れるのだ。写真は日振4番。この付近の岩場にはちゃんと名前がある。磯釣りのメッカなのだ。

すぐ向かいが御五神島。寝床1番だの3番なんて大好きなネーミングの岩場もある。

ちなみに左は北の5番。DH5番は大谷くん。


日振島は海賊・藤原純友の本拠地だった。

今日は波も風もないのに、潮だけはやたら流れる。潮止まり時刻だが、川みたいに流れている。



エンジンもない昔は海賊の住処として最適だったのだろう。


トビウオが飛んでいる。小魚の群れがいて、それをブリと思われる大型魚が飛び跳ねて追いかけている。

でも残念、釣れない。ボーズだった。トホホ・・・



0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...