箱ワナ製造販売

我が社は箱ワナを電動化するパーツを販売している。

接触センサーや、熱感知センサー、あげくはスマホで現場を見ながらゲートを落とす装置まで販売している。


でもこれまで箱ワナ本体は販売していなかった。既存の使われていないものを、有効活用しようというのが基本コンセプトだった。

箱ワナは初期は獲れるが、すぐに獲物が学習して獲れなくなり放置されることになる。この対策用だった。


ところが昨今、新規に狩猟免許を取得された方が多くなり、箱ワナを含めた電動システム一式を希望なさる方が多くなってきた。完成品としての一式購入希望者が多い。


そこで、地元鉄工所と組んで来月から箱ワナ本体を含めた、電動箱ワナシステムを売り出すことになった。電動箱ワナシステムに特化した専用製品をいま試作中だ。この鉄工所は地元JAが運営している。利益追求ではなく、いい製品を作って害獣対策になればいいと皆が考えている。もちろん量産しないとコストダウンにはならない。我が社も初期ロット分として相当数を発注した。

基本コンセプトは、

1・ひとりで設置可能なこと。(軽四トラックに2基同時搭載可能)
2・全国に向かって安価に運送可能なこと。(折りたたみ機構)
3.本体が安価であること。(本体価格5万円以内)
4・頑丈・耐久性があること。(塗装あり)
5・よく獲れること!(これがイチバン)

電動箱ワナ専用機として、バッテリー置き場や、強化ゲート・トリガー装置などを取り付けて完成品として出荷する。猟具の電動・電子化の一歩になればいいな。


乞う、ご期待!







0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...