海難事故

日本の領土確保のための工事でたくさんの方が亡くなったそうです。


国土交通省の連中は、「安全は確保できていた」なんて言ってます。


でも誰が見てもコケることは分かりますよねえ。

写真の下部分が浮力体です。長い杭が上にあります。重力中心は海上にあることは明白です。

ヨットみたいに下部にバラストでもあれば大丈夫でしょうけど、ひっくり返った写真を見ても、何もありませんものねえ。浮力中心と重心の差が、「復原力」です。(復元にあらず)これだとゼロ以下、マイナスです。


よほどバランスが取れていないと、小さな波でひっくり返ると思わなかったのでしょうか。不思議です。





夕方、母のお友達が我が家においで下さいました。母の友達ですから、オバさまです。(私からみて)


「前の日曜日に海で会いましたよ」

いきなりおっしゃいます。えー、会ってませんけど・・・


「私達、ボートであなたのヨットを追い越しましたのよ。手を振ったでしょう。なんとかキャットというのが私達のボート。あなたのはなんとかドッグでしょう」


なるほど名前は合っています。正式な名前はどうしても覚えられないそうです。そうですよね、私だって自分のヨットの名前はウロ覚えです。ご主人が私のヨットだと教えてくれたそうです。

「いまからお母様に報告してきますからね」



うかつな動きはできませぬなあ。キャットに見張られています。









まじめにやれのクリックよろしく → 人気ブログランキングへ




0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...