大水害

昨夜は呑み過ぎた。夕方6時に某ママから電話があった。

「今晩は雨が降るんで客が来そうもないのよ。来てよん、おねいちゃん独り占めにできるよ」

独り占めというフレーズに反応してしまった。結局、ババア独り占めでヤケ酒を呑んだ。


昼まで寝ていたら、松野町の妹宅が床上浸水だと連絡が入った。停電しているという。



二日酔いで寝ている場合じゃない。食料と発電機、ガソリンを積み込んで出発した。

ところが高速道路も56号線も通行止め。お隣の吉田町で崩落しているそうだ。


大洲から肱川を遡って行くルートしかない。

大洲まで来たが、こちらは町全体が水没している。

前回より酷い。

ここに親戚があるが大丈夫だろうか。



裏道を通って近づいたがここまで水が来ている。


大洲市内を通過することは無理なので、山道を通ることにした。ハンターは山道に詳しい。

山道を通ってやっと肱川町にたどり着いたが、ここは凄まじい水害だったようだ。

犬が死んでいた。かわいそうにつながれたままだったんだろう。

人的被害もあったようだ。消防がブルーシート広げて救急車に回収していた。


これってダムが壊れてしまったんだろうか。ダムのすぐ下流にある道の駅も冠水していた。


ここにあった橋が完全に崩落している。なにもない。




ダムは壊れていなかった。盛大に放水していたが、昨夜はもっと全開にしたのだろう。ためるだけため込んで、壊れそうになったら大放水する。いつものことだ。

ダムは治水目的に作られるというが、完全に洪水製造装置になっている。人災だと思う。



ダムは満水状態だ。

もしこれがなかったら、下流域にあんな壊滅的な被害はなかったのではないだろうか。

ダムから上流はときおり道路に土砂がある程度だった。


午後5時、やっと松野町にたどり着いた。

ダムのない広見川は水位が上がっただけで、鹿野川下流域のような壊滅的な被害はないようだった。食料と水を渡した。停電は解消していたので発電機は不要だった。


帰路は野村町を通った。この町の上流にもダムがある。野村ダム。

野村町中心部は壊滅状態だった。ここもダム放水にやられたようだ。町全域が停電している。友人に発電機を貸そうと連絡を取ろうとしたが携帯電話すら圏外になっていた。


午後8時にやっと帰宅した。



0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...