やっぱり駄目でした。

午後3時になっても猟友から犬発見の電話がありません。捜索は困難を極めているようです。今日中に発見しないとマーカーのバッテリーが切れてしまいます。


お仕事を中断して現場までお出かけです。


ハンディタイプ無線機を持って目星を付けた谷に入ります。林道から上にいることは間違いありません。電波の強さに添って歩くのです。私は無線機屋なので、指向性のないハンディタイプ無線機のアンテナだけで、ある程度は電波の方向が分かります。無線機を首から下げて移動します。人間の体の大半は水です。水は電波を通しません。前方に指向性が出るのです。

50mも登ると電波が弱くなります。この間にいるはずです。無線機からアンテナを外して、蛇行しながら谷を下ります。アンテナなしでも電波が入るエリアを発見したら、その半径20m以内です。

発見しました。やっぱり死亡していました。残念です。

谷川沿いの窪みです。飼い主さんもその付近を午前中捜したそうですが、ピンポイントで確定して捜すわけではないので見逃したようです。


付近の見晴らしのいい場所に埋葬してやるそうです。




さきほど、「世話になった」と焼酎を2本も持参してくれました。屈強の猟師も目を腫らしていました。猟犬は家族であり戦友です。悲しいことです。


猟期が終わった頃、この焼酎をゆっくり呑もうと約束したのです。







お疲れさんのクリックよろしく → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...