2016年10月13日木曜日

柿食えば

昨夜は三瓶のヤキトリ屋さんでヨットクラブメンバーと盛り上がった。

といっても今や三瓶YCメンバーは、ほぼ全員がハンターまたは元ハンターでヨットの話しは一度たりともなくて、イノシシやらシカ捕獲の話しばかり。プロ漁師やプロ船乗りだから船の話しなどしてもしかたがないのかもね。


アンモナイト化石収集を趣味にして、全国を渡り歩いてらっしゃるN氏だって元ハンターなのだ。それにしてもこの化石業界の奥深さは知らなかった。

勉強になったヤキトリ大会だった。





我が家の裏庭に柿の木がある。この枝が伸びてお隣さん宅まで侵入している。

今日は脚立を準備してその枝を切った。登ればいいのだが、柿の木は折れやすいので登るなと小さな頃から言われている。


熟するとどんどん落ちてお隣さんの敷地を汚している。


でも我が家の庭には1個たりとも柿が落ちていない。

切っている最中にたくさんの柿が落ちた。犬たちが群がってそれを食べている。ここはドッグラン内なのだ。そーいうことだったのか。


試しに私も食べてみたが、甘くて美味しかった。犬たちにやるのはもったいない。急いで収穫した。





我が家の敷地は約300坪ある。(田舎なので周囲はみんなそんなもの)35年前、老医師が手放したいということで中古住宅付きで購入した。

その時点では敷地の真ん中に30坪の住宅があって、庭全体に種々の木が植えてあった。私の父は農業と林業が生業だったので、この庭木の価値がまったく理解できていなかった。ある日帰宅してみたら、サルスベリも、モッコクも、マツもすべてチェンソーで綺麗さっぱり切り払われていた。なんてこったい。

実のなる木だけが残されていた。その1本がこの柿の木。(ビワと梅の木も残った)



巨大なフジ棚が庭の隅にあった。母のお気に入りの場所だった。三年前に母が死んだので切り倒して、ここにいまの事務所を建てた。それくらいに大きかった。


妹がやってきて、「兄貴は父ちゃんと同じことをしている」と言いやがった。こうして歴史は繰り返す。













0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...