2017年6月23日金曜日

電動トリガー




箱ワナのゲートを電気的に落とそうと思っている。

問題は稼働部分の耐久性だ。昨年まで販売していた「電動くくりワナ」のトリガー部分を取り外して動作テストを行っている。2年ほど前、山に設置していた。その後、持ち帰って庭に放置していたものを分解して取り付けてみた。

強めのスプリングを使って実験した。006Pの小さな電池で見事に動作した。さすが日本製だ。

スイッチは二枚の金属板にところどころ絶縁物を入れて、獲物が踏めば通電するようにしたらいい。数年前、この間に圧力センサーを入れて、獲物の大きさ(重量)に応じて動作するようにした装置を作ったが、あまりに複雑で商品化できなかった。


このあと、新品の中華製パーツに交換して実験したが動かなかった。スプリングの強度に対抗できない。

価格が1/5程度も安いので使おうと思ったが、残念ながらアウト。


電動くくりワナの販売を中止しているのは、この国産パーツ価格が高過ぎるせいだ。安い中華製が使えるなら販売再開と思っていたが、これでは無理だ。










0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...