2012年12月18日火曜日

防予フェリー

山口県に行ってきました。

愛媛県と山口県は瀬戸内海をはさんだお隣さんです。広島県との間には橋(しまなみ街道)がありますが、ここはフェリーで行くしかありません。防予フェリーです。

昨年は山口国体にクレー射撃競技の選手として参加したので、強化練習も含めてやたら乗ったのです。でもいつも寝ていたので、こんな狭い海峡を通過することは知りませんでした。iPadのMap画面で見ながらの航海です。





下は通過したあとの写真です。


狭いです。縦には通れますが、横には無理です。暗礁がせり出していました。


強風波浪注意報が発令されていました。慣れとはいえ、こんなところを客や車両をたくさん載せて航海するのはたいへんだろうなと思うのです。


簡単にお仕事を片付けてまたフェリーに乗ります。私は仕事は手早いのです。片道2時間30分かかりますので、今日は5時間もフェリーに乗っていたことになります。





いかにもプロらしいお仕事です。きちんと管理されています。こんなところを見せられると安心します。

これはヒーピングラインと言います。大きなロープを渡すために、先に錘を付けたラインを投げて、大きなロープを固定するのです。








どこにでもある木製車止めです。使い込まれています。

ロープの固定がプロ仕様です。ちゃんと編みこまれています。




お仕事ご苦労さん、と思う方クリックよろしく → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...