2015年3月20日金曜日

走行テスト

さっそくフェザリングペラで走行テストをしてみました。

取り付けていただいた池川ヨット工房さんのブログはこちらです。

といっても機走テストです。セーリングは時間があるときしかできません。


エンジンは軽く3.000回転まで上がるようになりました。(これまではペラが大きかったので最大2.500回転でした)

この時、概ね7ノット弱のスピードが出ます。いいね。スピードメーターはGarminのハンディGPSです。28フィート艇ですので最大ハルスピードもこんなものです。

黒煙が出て回転が上がらないところまでスロットルをあげてみました。3.100回転が上限でした。スピードはさほど変わりません。

2GMエンジンの最大ピーク回転数は3.400回転付近だそうですから、少しペラのピッチが大きすぎるのかもしれませんが、このほうがエンジンの振動や騒音が少ないのでいいですよね。







2.500回転程度で、6ノット強です。エンジン音も静かで振動もありません。28フィート艇ですのでこれで充分です。巡航はこの付近になると思います。


でもヨットですので、セーリングを主に考えないといけません。ヨットはセールが主機です。フェザリングペラになったのですから、もっとセールを上げる機会を増やす必要があります。




後進も試してみました。問題なくバックします。ということはペラピッチが可変しているということです。動作テストは完了です。

これまで大きな固定ペラでしたので、あまり差は感じません。でも差を感じないということは、大きな固定ペラに匹敵するバック能力があるということです。


テストを終えたら、再度上架してペラクリンを塗って仕上げです。

クレーン下のバースに入ろうと船首を向けました。バース手前でギアを抜いてニュートラルにします。

いつもならここで大きな固定ペラが抵抗になって、グッとスピードが落ちるのですが、今日はそのまま同じスピードで突っ込んでしまいます。明らかにペラ抵抗がなくなりました。


「わわわゎぁ・・・!!」


あわてて後進に入れてスピードを落としたのでした。









お疲れさんのクリックよろしく → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...