再チャレンジ・合法ドッグマーカー

先日、あえなく失敗した合法ドッグマーカーを再度製作しました。

特定小電力無線機を使用したものです。無改造ですから、一年間の保証付きです。メーカーは最大手のアイコム製ですから、安心・安全です。


コンパクト・軽量が最重要課題です。

カイデックスは最小限の固定用にとどめて、専用レザーケースを首輪に固定する方法をとってみました。

この角度だと大きく見えてしまいますが、下の写真のようにサイドからだとコンパクトさが分かるのではないでしょうか。

下部ナットを外して電池交換をします。単三電池1本です。ナットに力がかからないようにしました。カイデックスはなくてもいいのですが、本体に多少ともショックが伝わらないよう取り付けたのです。



GPSドッグマーカーと併用してもデータ障害は起こりません。しかも技術基準適合証明付きです。(GPSドッグマーカーに技適はありませんよ)


もちろん今回はワイヤーできちんと固定もしています。


重量は既存のものとほぼ同じです。写真の状態で電池も含めて197gです。(ちなみにGPSマーカーDC40は244gもあります。

受信機側は最新の広帯域受信機能付きアマチュア無線機が使用できます。

古いタイプの機種を受信改造した場合は受信感度が著しく悪い場合があります。そのさいは、安価ですので特定小電力無線機を使ったほうがいいです。

今日は少しだけフィールドテストを行なってみました。問題なしです。軽量なのでGPSマーカーと併用できます。

残念ながら獲物と格闘したりというテストはできませんでした。雨になって早めに撤退したのです。


明日、再度テストをして、問題ないようでしたら販売を開始したいと思っています。

ちなみに販売価格は決定しています。現行の不法ドッグマーカーの最低価格が2万円ですので、当社は19,800円で販売します。

良貨が悪貨を駆逐する稀有な例を目指しています。



その後、正常に動作することが確認できましたので発売を開始しました。





今度こそ成功すべし、と思う方クリックよろしく → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...